TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/18 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3495712 更新:2015年08月07日

江戸無血開城


発問1:

(絵)徳川家康です。
江戸時代は,何年間続きましたか。(265年間)

説明1:

江戸の武家屋敷です。きれいですね。
(写真)当時の人々は「江戸幕府がなくなる」とは,とても考えられなかったそうです。
ところが,「ひょっとすると江戸幕府がなくなるかもしれない」と思わせる事件が起きます。
「鳥羽伏見の戦い」です。

発問2:

幕府を倒すために,中心になって動いていた藩は,どこの藩でしたか?(薩摩・長州)

説明2:

(絵)幕府軍と,薩摩・長州の連合軍がぶつかったのが,「鳥羽伏見の戦い」です。
(写真)この時,薩摩・長州の連合軍は,ある人から「錦の御旗」を与えられました。

発問3:

錦の御旗は,誰が与えたと思いますか。(天皇)

説明3:

錦の御旗を与えられた薩摩・長州の連合軍は,天皇の軍隊となりました。
これを「官軍」といいます。言ってみましょう,さんはい。(官軍)

説明4:

天皇の軍隊に抵抗する江戸幕府は「賊軍」とされました。
勢いに乗った官軍は,江戸に向かい,総攻撃の態勢に入りました。 
江戸は当時人口100万人の大都市です。

発問4:

江戸で戦が起こると,どうなりますか。

「多くの人が死にます」
「たくさんの家が焼かれます」    

発問5:

官軍による死者は,何人だったと思いますか。(0人)

発問6:

死者が出なかったのは,なぜですか?(戦いが行われなかった)

説明5:

停戦交渉。戦いを避けるための交渉をしました。
幕府代表は?(勝海舟)
官軍代表は?(西郷隆盛)
江戸総攻撃を二日後に控えていました。

説明6:

官軍の示した停戦条件です。読んで下さい。(列指名)

一 江戸城を官軍に渡す
二 軍艦,武器を全て官軍に渡す
三 鳥羽伏見の戦いの責任者は切腹

指示1:

これに対する幕府の回答です。読んで下さい。(列指名)

一 江戸城は徳川の親類に渡す
二 軍艦,武器の半分を後で渡す
三 命にかかわる処罰はしない

発問7:

官軍は,この回答を受け入れられると思いますか。
受け入れられると思う人? 受け入れられないと思う人?(挙手させる)
理由をノートに書きなさい。

説明7:

幕府側の回答を見て,官軍代表の西郷隆盛は,次のように述べたそうです。(指名して読ませる)

いろいろむすかしい議論もありましょうが,私が一身にかけてお引き受けします。(西郷隆盛)

発問8:

これは,一言で言うと,どういうことですか。(幕府の願いをすべて聞き入れた)

説明8:

これにより,江戸100万人の命と財産が守られます。
その後,日本各地で戊辰戦争が起こりますが,その死者8,420人。
その年の7月には江戸が「東京」と改称され,10月には明治天皇が東京に行幸されます。

指示2:

「江戸」「西郷隆盛」「明治」この3つのキーワードをつかって,今日のお勉強をノートにまとめておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

〈参考資料〉
□吉田高志「近代日本の出発1」TOSSランド№1143018
□江藤淳・松浦玲『勝海舟 氷川清話』講談社学術文庫
□松浦玲『勝海舟と西郷隆盛』岩波新書
□岡田幹彦『維新の先駆者』日本政策研究センター
□勝部真長『山岡鉄舟の武士道』角川ソフィア文庫
□江藤淳『南洲残影』文春文庫
□渡部昇一・岡崎久彦『明治の教訓・日本の気骨』致知出版社
□頭山満『大西郷遺訓』K&Kプレス
□泉三郎『堂々たる日本人』祥伝社
□毛利敏彦『明治六年政変』中公新書
□渡辺京二『逝きし世の面影』平凡社
□竹田恒泰『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』PHP新書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド