TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/26 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8958091 更新:2015年08月07日

ロシア南下


説明1:

(地図)今から,五百年程前。種子島に鉄砲が伝わった頃のロシアです。

発問1:

今のロシア共和国と比べると,どこが違いますか。

説明2:

当時,ロシアの港は全て北側に面していました。
冬,港は全て凍りました。

発問2:

港が凍ると,何か困る事はありますか。(列指名) 

説明3:

遠くの海で戦うロシアの軍艦を助けに行く事も出来ませんね。 

発問3:

(地図)ロシアは,この問題をどのようにして解決したのでしょうか。

説明4:

(地図)領土を広げて,凍らない港を得ようとしたのですね。
江戸時代,日本が鎖国を始めた頃のロシアです。
アメリカは,まだありませんでした。

説明5:

(地図)江戸,元禄の頃。 

説明6:

(地図)日本にペリーがやって来た頃です。
(地図)ロシアはトルコと戦争をし,クリミア半島を手に入れます。
(地図)これに対し,イギリス,フランスはロシアに宣戦布告しました。 
(地図)これ以上西に進めないと思ったロシアは,東へと進路を変えます。

発問4:

このままロシアが進んで行くとどうなりますか。
(日本がロシアの領土になってしまいそう)

説明7:

明治37年(1904年),日本はロシアと戦います。 

発問5:

この戦争を何と言いますか。(日露戦争)

説明8:

(地図)日露戦争後。
(地図)日本はここ満洲を開拓する権利を得ます。 
(地図)その後,朝鮮を併合しました。

発問6:

日本が満洲や朝鮮に勢力を広げたのは,何のためだと考えられますか。

説明9:

(地図)日本のこの動きに,アメリカ等が反発します。
これが大東亜戦争に繋がります。

発問7:

大東亜戦争で日本が戦った国を一つ言ってごらんなさい。(列指名)

説明10:

(国旗)日本が戦った主な国々です。
一番強かったのは,アメリカでした。日本はこの戦争に負けます。

説明11:

(地図)戦後,ロシア(ソ連)は更に力を伸ばしました。
(地図)朝鮮半島に軍隊を進め北朝鮮が誕生します。
(地図)4年後。ロシア(ソ連)の力で中国が誕生します。
(地図)その翌年「朝鮮戦争」が起きます。
(地図)実際にはロシア(ソ連)とアメリカの戦争だったと言われています。
三年間続きました。 
(地図)1960年,同じような戦争が起きます。ベトナム戦争です。
200万人もの人々が亡くなりました。

発問8:

ベトナムは,どの辺でしょうか。

説明12:

ベトナムもロシア(ソ連)の影響を受けた国として生まれ変わりました。

説明13:

わが国の敗戦後,次にソ連と対立し始めたのがアメリカです。

指示1:

「日本」「ロシア」「アメリカ」の三つの言葉を遣って,今日のお勉強の感想を書いておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

【参考資料】
■三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』(自由選書)
■『欧米植民地支配の世界史的展開と大東亜戦争』(日本を守る国民会議)
■東條由布子『大東亜戦争の真実』(WAC)
■勝岡寛次『抹殺された大東亜戦争』(明成社)
■黄文雄『日中戦争真実の歴史』(徳間書店)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド