TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4474797 更新:2012年12月13日

「卒業ホームラン」で人物の設定を検討する1


「卒業ホームラン」では、「努力すれば必ずいいことがある」と信じ切れない徹夫や典子と、「いいことがある」かどうかに関係なく「野球が好きだから」頑張る智が対照的に描かれた作品である。
その対比と、智の態度によって変わる徹夫の考えを理解させたい。
なお、生徒達は分析批評で学んで3年目である。
その実態を踏まえると、設定・心情変化などの「読みのものさし」はある程度自分達で使いこなすと考えられるので、「異質な登場人物は誰か」を主発問に、対比や心情変化へ一気に迫っていくことにした。

【第一時】音読および一字読解(第三場面まで)
飽きさせないように、途中で区切る。
区切る箇所は、以下の通りである。
第一場面 はじめ~五十一頁・下・十二行目 
第二場面 五十一頁・下・十三行目~五十四頁・下・九行目
第三場面 五十四頁・下・十行目~五十五頁・下・二行目
第四場面 五十五頁・下・三行目~五十七頁・下・十三行目
第五場面 五十七頁・下・十四行目~終わり
さらに、必要な内容をその都度読み取らせるため、一字読解を入れて展開する。

題一場面

発問1:

マル1。題名は何ですか。(卒業ホームラン)
マル2。作者は誰ですか。(重松清)
マル3。「お父さん」の名前は何ですか。(徹夫)
マル4。徹夫の息子の名前は何ですか。(智)
マル5。智は何年生ですか。(小学六年生)
マル6。現在、何月ですか。(三月)

理由も問う。【来週、卒業式を迎える】から分かる。

発問2:

マル7。徹夫の妻の名前は何ですか。(佳枝)
マル8。佳枝の心配は、誰のことですか。(典子)
マル9。典子の、どんな様子がおかしいのですか。「~様子。」に続くように一文で書き抜きます。(何事に対してもやる気をなくしてしまった〈様子。〉)
マル10。典子は、どんな考えからやる気をなくしていますか。簡単に書きます。(頑張ったって、いいことがない。)
マル11。「がんばったら、なにかいいことあるわけ?」と言われた徹夫は、どんな反応をしましたか。簡単に書きます。(言葉に詰まってしまった。)

第二場面

発問3:

マル12。ベンチ入りのメンバーで、智は何番目に入りましたか。(十六番目。つまり、最後ということ。)
マル13。智は、チームで十六番目にうまいのですか。○か×で答えます。(×)

理由も問う。【智よりもうまい五年生は二、三人いる。】が、徹夫は【そこまでは監督に徹し切れなかった】のである。

発問4:

マル14。智は試合に出ないと、典子が考えたのはなぜですか。簡潔に書きます。(今まで一度も試合に出ていないから。)

第三場面

発問5:

マル15。相手は、強そうですか、弱そうですか。どちらか書きます。(強そう)
マル16。徹夫は、誰を控えに入れておくべきと考えましたか。(長尾君)
マル17。結局、智はメンバーに入れましたか。(入れなかった)

【第二時】 音読・一字読解(最後まで)・音読テスト

第四場面

発問6:

マル18。メンバーから外れた智はどんな様子でしたか。九字で抜き出して答えます。(ふだんと変わらない)
マル19。その様子を見た徹夫の気持ちを、1段落で探し、初めの五字を答えなさい。(だからこそ…)
マル20。試合の流れから言って、智が出るチャンスはありましたか。(あった)

第五場面

発問7:

マル21。試合が終わって、徹夫はどんなことに気がつきましたか。続きの三文を探し、初めの五字を答えなさい。(がんばれば…)
マル22。智は、中学に入ったら何部に入ろうとしていますか。(野球部)
マル23。それはどうしてですか。十字以内で簡単に書きます。(野球が好きだから。)
マル24。徹夫は、ベンチから立ち上がって智に何と命じましたか。(バットを持って打席に入ること。)
マル25。智は何球目を打ちましたか。(三球目)
マル26。その打球を、佳枝と徹夫は、何と判定しましたか。(ホームラン)
マル27。試合だったら、ヒットですか。(ヒットではない。ショートフライ。)
マル28。土手には誰が来ていましたか。(典子)
マル29。典子に対して、徹夫はどんな気持ちになりましたか。続きの二文で探し、初めの五字を答えなさい。(今なら、あ…)

使用教科書
東京書籍「新編 新しい国語3」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド