TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/26 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2091286 更新:2015年01月02日

教員採用試験 群馬県 1次試験情報


2014年度

小学校

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 天気は曇りでエアコンもあり、ちょうどよかったです。ひざかけも持って行きましたが、必要なかったです。(前橋南高校)
緊張していて、簡単なことも忘れてしまいました。
【筆記試験の様子について】
 ①60分 ②60分 お昼11:30~12:30 
12:30~実技試験 1人7分
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 朗読する詩の原稿を1分30秒黙読。
詩の題名と作者の名前を黒板に貼ってある紙にマッキーペンで板書。
黒板の前で朗読(制限時間1分30秒)
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 専門科目は、筆記で時間が足りなくなってしまったので、時間配分と書く練習が必要だと思いました。

中学校

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 服装は、ほとんどの人がスーツ。少し寒かった。
【筆記試験の様子について】
 一般・教職 50分
専門     50分
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ピアノ
新曲視唱
専門(歌)

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 特に緊張感があるわけでもなく、知り合いと談笑する人、参考書を読む人とまちまちでした。
【筆記試験の様子について】
 今年から群馬県に関する問題5問出題されました。
国語4問、数学3問、英語2問、教職問題24問主題されました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接は二次試験から。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 二次試験で行います。
【個人面接(形式・人数・時間】
 二次試験で行います。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 体育はなし。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ・球技(バスケットボール)
ドリブル、パス、シュート、ピボット
・武道(剣道か柔道を選択)
受け身、打ち込み、礼法
・マット
倒立前転→開脚前転→伸膝後転→少し走って→前方倒立回転
・ダンス
その場で音楽を聴いて、音楽が鳴りやむまで踊る。(体感で1分)
・陸上競技(ハードル)
雨天のため体育館で実施。
タイムは測らず、3台ハードルを飛ぶ。

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 今年から、小中の併願がなくなり、小免を持っていても中免がある場合、強制的に中学を受験することになり、中学受験者が1.5倍に増えていた。(体育)

教職に関する問題が増大し、発達障がい、服務規律など幅広い学習が必要だと思った。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツが多い。教室は冷房あり。廊下では、話しをしている人が多いが、教室ではぴりっとした雰囲気。
【筆記試験の様子について】
 中学・保健体育で受験。
・ハンドボール
・跳び箱運動(かかえ込み跳び、台上前転の指導)
・走り高跳び
・体つくり運動
・健康と環境(熱中症)
・体育理論(指導要領)
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 球技→バスケットボール
陸上→ハードル走
武道→柔道か剣道か選択
ダンス→現代的なリズムのダンス
器械運動→マット運動

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツ。クーラーがきいていて快適。良い緊張感で受けてきた。
【筆記試験の様子について】
 中学理科で受験。
試験監督からの指示は基本的なこと。
問題の傾向は、専門科目では過去問題と変わらず。
教職・一般では、時事問題が出た。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 回路の作成。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 情報を集めることが大事。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 会場の係の方が実技試験の控え室を涼しい教室にしてくれました。でも、扇風機の風がよくあたりすぎて冷えました。
上着は必須だと思いました。
臨時任用者枠の受験者は、20名くらいでした。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 <英会話>
1、小学校の外国語活動についてどう思うか
2、外国人に紹介したい日本の文化について
3、英語のスキルアップのためにやっていることはあるか

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 クーラーがなく、扇風機のみです。暑かったです。(前橋工業高校)
服装は半袖でネクタイでしたが、指示があり、「ネクタイを外しての受験」ということで、ネクタイは外しての受験となりました。
【筆記試験の様子について】
 中学英語で受験。
一般・教職は、教育原理からの出題がかなり多いように感じました。キャリア教育、指導要領、学校保健等。
専門(英語)は、今年から中学校受験しかできなくなったせいか、語彙に関する問題が増えたり、大問数も増えたりと、難易度が大幅に上がったと感じました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ALTとの面接。(JTEが一人つき、発言を記録している。)5分くらい。
・小学校英語教育について
・外国に紹介したい文化
・自分の不得意な能力
・その伸ばし方

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 かなり暑いので、クールビズでの受験をおすすめします。
専門は特に、時間数に見合わない量を解かなくてはならないので、日頃から速く解く練習を重ねていく必要があると思いました。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 クールビズで受験可。午後の実技試験待ちの控え室が扇風機がなかったので、途中で扇風機のある部屋に変えてもらった。
今年からケータイの利用制限が厳しくなり、スタッフのいるところでないと利用できなかった。

【筆記試験の様子について】
 中学英語で受験。
例年の指導法を問う問題、長文問題に加えて、文法に関する問題が出された。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 英会話、ALTの3つの質問に答える。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 クーラーなどもついていて、少し寒かった。
筆記試験時(午前中)は、あまり緊張感はなかったように思えた。

【筆記試験の様子について】
 文化問題が追加されていた。一般教養も教職教養も今年は易しかったように思えた。
専門教養は昨年同様、民族楽器の音当て、文化当てから入り、創作が今年は出た。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 Bachも半分くらいで切られ、自由曲も1分30秒くらいで切られ、自由曲を弾いた後に、この曲を中学生に指導するとき、どんなことを注意したいですかと質問された。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 私は、一次試験の1ヶ月前から勉強し始めました。何が言いたいかというと、最後まであきらめないで知識を詰め込んでください。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 1次試験は、スーツでクールビズの人が大多数でした。(校門を入る前から)
面接官の方が上着やネクタイは外していいよとおっしゃっていました。
会場は、暑いです。多くの方がいましたし、扇風機しかありません。
静かで緊張感がありました。群大生は知った顔ばかりなので、少し安心できる面もありました。
【筆記試験の様子について】
 中学・国語で受験。
書く量もとても多いので、時間配分は、しっかり考えておかないとかなり厳しいです。
問題の傾向は、2014年度に大きく変わりましたが、今回の2015年度の試験もまた変わった印象を受けました。(国、数、英+αでした。群馬の地名や特産品、歴史と常識を問う問題)
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 「舞姫」冒頭を音読してから、生徒が興味を持つ言葉がけをしてください。(1、2分考えて、音読も含めて2分30秒でやる)
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 指導法など、専門の勉強が大切だと思います。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 クールビズOK。とても暑い。
【筆記試験の様子について】
 中学・国語で受験。
急がなければ間に合わない。特に「要約100文字」と「手紙を実際に書く」のダブルパンチがつらい。
傾向は、「指導の仕方」についてよく聞かれる。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 森鴎外「舞姫」冒頭の音読+生徒への声かけ
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 中学国語は専門性よりも教職性が強いと思います。問題が多いので、要約は最後にまわすのも手だと思います。(私は、要約やりませんでした。)

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツ。
天気も良く、暑かったが、冷房がかかっていた。室内は、暑すぎることはなかった。実技の待ち時間は、冷房のない部屋だった。冷えたり、暑かったりすることもあると思うので、対策が必要。
【筆記試験の様子について】
 中学・社会で受験。
自分の部屋では、試験用紙が配られるのに時間がかかっていた。
今までと違い、群馬県に関する問題が出た。
時間はあまらなかった。足りないと感じた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 短い導入(授業)をおこなった。
今までは、地理分野が多かったようだが、今回は歴史分野だった。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 実技テストでは、試験監督の方が落ち着いた様子であたたかく見ていてくださいました。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 前橋東高校の多目的室のような広い部屋でした。3回目ですが、いつもこの部屋です。エアコンは、弱く効いています。
音楽実技室は、靴を脱ぐ部屋もあり、靴下まで気を遣うことが必要だと感じました。
【筆記試験の様子について】
 中学・音楽で受験。
群馬県に関する出題が、今年から多くなったように感じました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 音楽は事前に公表された通りです。
pfのtempoは指定よりかなり遅めですが、1次はそれでも2回通りました。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツ(パンツ、ブラウス長袖)
試験前まで暑く、当日も暑かったらいやだなと思っていましたが、それほど暑くはなかったです。
2回目の受験でしたので、昨年よりも落ち着くことができました。場所を知っていることが大きかったです。
【筆記試験の様子について】
 中学・家庭科で受験。
一般・教職60分 群馬の問題が出た。
専門60分
テキパキ発言する試験監督だった。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 実技試験は、3つのグループで行った。
まつり縫いを生徒に教えるように実際にやる。時間制限あり。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 強い気持ちを持つことが大事だと思います。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツ。暑さは普通。
【筆記試験の様子について】
 中学音楽で受験。
今年から携帯電話の使用が禁止になった。どうしても必要な場合は、試験監督に申し出る。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 通知されていた通り。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 聴音が不安な人は、CD付きの問題集を一冊やっておくとよい。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 男性はスーツ(シャツにノーネクタイ)
女性はスカートとシャツ、ブラウスが多かった。
冷房が効いており、暑さは感じなかったが、廊下が蒸し暑かった。
・教室に35人ほどおり、昼食の時も終始静かにしていた。
【筆記試験の様子について】
 中学・美術、臨時適任用経験枠で受験。
専門のみの受験。90分くらいだった。
美術の指導要領の文のごくの組み合わせの問題など、指導要領をよく読みこんでおかないと解きづらい問題があった。
・木工のパズルの指導法や電ノコの使い方があった。
・鑑賞は日本美術の水墨画(日ごろから資料集や画集を見ておいた方がよいと思った。)
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 2時間くらい
・牛のデッサン(鉛筆)・・・粘土で手を作る前にするデッサン。それを見本として生徒に見せるが前提だった。形や影に気を付け、立体的に表すようにした。
・パッケージデザイン(鉛筆+絵具)・・・「すずかぜ」というあめの箱の上の部分のデザインをする。画用紙に絵具で着彩。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 昨年度より終了時刻が早かった。
専門では、指導要領、技法、鑑賞がまんべんなく出ていた感じがあった。
中学の資料集が役立った。美術の教科書などもあると便利かと思う。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 昨年と比べて、小学校受験者が減ったので、私服の人は少なかった。
【筆記試験の様子について】
 中学社会で受験。
中学社会に関しては、全部で6問あったので、1問あたり10分弱で回答していた。
記述問題は、指導法などは、とにかく記憶があいまいでも書くようにした。(部分点狙いで)
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 技能試験は、三つの歴史の資料(すべて絵)が教卓に提示され、「どれか一つを選んで1分考えてください。その後2分で、その資料についての説明とその資料を用いての導入部の模擬授業を行ってください。」という指示あり。(試験官は一人。教室の真ん中あたりに座っていた。)
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 中学社会は、以下の3つが主なポイントになると思います。
1、指導要領解説を何回も読むこと。
2、他県の過去問等も活用して、指導法や適した資料例に関する質問に慣れること。(長野、静岡、宮城、広島に類似問題多し。)
3、時間配分を意識した実践練習も有効。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 前橋工業高校
エアコンはなかった。天気が良くなかったので、暑すぎるということはなかった。
知り合いに会ったので、特に緊張しなかった。
【筆記試験の様子について】
 中学英語で受験。
一般教養、教職教養の順に載っている。
今年は、最初に群馬に関する問題が出た。
専門は、最初に穴埋め問題のようなものが出題され、問題数が増えたと感じた。
今年は、長文が最後で、指導に関する問題が最初の方にきた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 7分くらい。最初に面接官(日本人)とALTとあいさつ。
ALTから質問され、ALTに向かって答える。(英問、英答)
机といすがある。
3~5問くらい。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 実技は緊張したが、英語科の人らしき先生とALTなので、ややフレンドリー。
最初に「きんちょうしてる?」と英語できいてくれる。
全てにおいて落ち着いてやれば、問題ないと思います。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 会場に入るまでは、スーツ(上着着用)、ネクタイ、Yシャツ(半袖)を着ていたが、会場内では、スーツ上、ネクタイを外すクールビズの指示があったため、筆記から会場をあとにするまで、上着、ネクタイを外していた。
【筆記試験の様子について】
 中学社会で受験。
一般教職教養→60分、マークシート4択。
・群馬県の地理・歴史について
・国・数・英のみ 他教科なし
・半数以上の問題が教職教養
・数学は毎年のように「〇〇通り」を求める問題が出ている。
・数学はかなり難しい。理系でも難しい。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 試験時間は計5分。
諸連絡、注意、説明2分。
課題の選択、考える時間1分。
試験2分。

3種類の絵の史料から1つ選び、以下を行う。
①この資料は、どの様子をあらわしているかの説明。
②この史料を使い、授業の導入。
この2つを合わせて2分で行う。

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 社会の専門教養は、史料読解は必ず出る。
用語だけでなく、説明する問題が多い。
気候区分や地形などが出やすい。
ex)〇〇海洋性気候や親潮、偏西風など

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 暑かったです。(会場入りしたら、「クールビズで受験してください。」と指示あり。)
【筆記試験の様子について】
 実践的bな指導法が多かったです。問題数も多く、回答しきれなかったです。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 球技:バスケ
陸上:ハードル(室内)
武道:柔道or剣道
ダンス:リズムに合わせる
器械運動:マット

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 授業での手立てや指導法をよく勉強してください。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 服装は、スーツの人がほとんど。中には、スーツというより少しフォーマルな人も。
くもりでしたが、暑かったです。試験官が優しく、緊張感はなかった。
【筆記試験の様子について】
 中学国語で受験。
・専門(国語)が特に時間がない。指導事項関連が多かった。
・試験監督からの指示で、10分前には荷物をろうかに出し、着席。
・一般教養は、群馬県問題(3)常識(2)国(4)数(4)英(2)
・教職教養は、時事や学校の制度について
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 森鴎外『舞姫』を範読後、中学校の指導要領と関連付けての導入の声かけ。
考える時間2分(この時に問題文も見ることができた。)
実施2分半。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 指導要領は、細かくよく読んでおく。過去問にとらわれすぎないこと。言語活動例は、分析して過去10年まだ出題されていないものを中心に。実際に自分で取り組んでみると良いと思う。

【受験自治体】
 群馬
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 服装は、半袖シャツのクールビズ。天候が曇りだったので、暑くはなかったです。程よい緊張感でした。
【筆記試験の様子について】
 中学国語で受験。
・国語は、指導法20分、現代文20分、古文10分、漢文10分くらいで解きました。
・国語は、記述問題が多く出されていました。(手紙の本文や現代文の要約など)その部分を書ききれるかが勝負だと思います。
・一般・教職は、群馬県に関する問題が5問ほど出題されました。教職は、教育原理を中心に、問題が構成されていました。

【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ・森鴎外の舞姫の冒頭部分が教材でした。
・2分程度考える時間が与えられ、授業の導入部分を2分で実演するものでした。
・条件として、指導要領3年の読むことに関連付けて、導入を行うようにと言われました。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ・教科の中学校の教科書、指導書、学習指導要領のチェックは必ずしましょう。
・教職教養を早めに完成させておくこと、専門の勉強がしやすくなると思います。
【備考【差支えなければ、お名前をご記入ください】】
 

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 会場は、前橋東高校でした。クーラーがきいていて、少し寒いくらいです。私の受験番号の前後は、顔見知りだったので、リラックスして受けられたと思います。
【筆記試験の様子について】
 中学美術で受験。
今年は、教職・一般教養で、群馬県についての問題(ぐんまの歴史や地理、特産品など)が5問ほど出たことが新しく変わった傾向だったと思う。国・数・英の問題は各4問ずつと昨年より減った。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 美術は、120分で2課題。(用具は持参)ただし、紙は配布される。
①「すず風」というミント風味のあめのパッケージをデザインしなさい。着彩もすること。(パッケージの上面のデザインをする。画用紙には、あらかじめ15cm×15cmの枠線が印刷されていました。)
②生徒が手のスケッチをする際の参考作品を制作しなさい。(八つ切り画用紙)
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 私は、専門教科の筆記テストが全然できなかったので、落ちたと思いましたが、なぜか一次通過することができました。おそらく、一般・教職が出来が良かったのだと思います。一般・教職は、早い時期から取り組んで絶対に損はないと思います。

高等学校

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 クールビズOK。
試験会場は冷房あり。冷房がききすぎて寒いということもなかったです。

【筆記試験の様子について】
 高校(国語)で受験。
一般・教職(60分)→群馬県に関する問題が出ました。
専門(90分)→
現在文(評論)・古文・漢文の大問3題。
現代文では、板書例を書かせる問題や指導要領を踏まえて書かせる問題も出題されました。
古文では、和歌が多く、和歌を解釈させる問題もありました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 校種高校につき、無し。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 高校は、専門をしっかりやっておいた方が良いです。
教職をやるのに、ある程度時間がかかるので、早めに取りかかることをおすすめします。
私は、教職は4月から、一般はほとんどやっていないです。
専門は、最後の1ヶ月ほどしかできず、勉強量が足りなかったと感じました。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 
【筆記試験の様子について】
 高校・特別英語専攻
英語特別選考は、一般教職教養が終わった後、すぐに試験官の指示があります。
指示で、進入禁止エリア内にある部屋に進み、TOEICや英検に関する証明書の原本を見せます。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 1次試験の服装は、スーツで来る方は少なく、えり付きの白シャツにパンツやスカートというスタイルの方が多かったです。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 9割以上の人がスーツでした。教室内は暑く、試験を受けにくかったです。(会場:前橋高等学校)
【筆記試験の様子について】
 理科(化学)で受けました。
一般は、教職問題が半分以上でした。
資料に書かれた内容を問うものが多かったです。化学は、筆記で内容が多く、時間が足りなかった。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 教職は、資料をよくチェックしておくと良いです。内容の正誤が多いです。
化学は、操作の理由を書かせることが多いので、書ける対策をしておくと良いです。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 高等学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 会場→前橋高校
服装→スーツと私服が半々くらい。20代の人がほとんどだった。
暑さ→くもりのち雨だったので、暑くはなかった。
【筆記試験の様子について】
 高校化学で受験。
大問が7~8割で昨年より減った。
学習指導要領からの出題が大問1つか2つ。
今年は、特に傾向を感じなかった。(広く浅くという感じ)
基本的な内容が多く、計算も大変な問いは少なかった。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 なし
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 実際に受験している人の理解度は、かなり差があった。
実質倍率はそれほど高くない。
化学は、他の科目と比べると年齢層は低い印象。
雰囲気にのまれないことが大事。

特別支援学校

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 特別支援学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツ
【筆記試験の様子について】
 ・一般→群馬県についての問題、国・数・英
・専門→ここ数年より難しくなっていた。量も多かった。肢体不自由については、毎年出されているので、必ずおさえておきたい。(摂食指導等)
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 朝の会をする。1分問題用紙を見て考える。3分朝の会をする。1分配慮したことの説明。朝の会の中で、内科検診について、どのように説明するか。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 特別支援学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 スーツの人がほとんどです。
クーラーがきいていました。
落ち着いた雰囲気であまり緊張感なし。
【筆記試験の様子について】
 試験監督は、やさしい雰囲気で指示してくれた。
時間配分→一般・教職は、教職教養を確実にとってから、一般の問題へ。(見直す時間がないほど、いっぱいいっぱい)
専門は、記述のため、どんどん書かないと終わらない。
問題の傾向→群馬のご当地問題が出た。専門は、指導法、子どもの姿からの具体的な指導法の勉強必須。とにかく深く広く。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 朝の会で、内科検診をいやがる子への指導
1分構想、2分実技、1分ポイントを説明。
子どもたいると見立てて行う。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 教職教養は完璧に。確実にとれるところで落とさない。
一般は、国・数・英はおそらく必出。
専門は深く。キーワードだけでなく、実際の指導を思い浮かべながら。

【受験自治体】
 群馬県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 特別支援学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 
【筆記試験の様子について】
 指導法がたくさん出ました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 朝の会をしてください。
今日の予定が書かれた紙を渡された。児童に見せながら説明しました。
3分くらい朝の会をして、残り1分は、どこに気をつけて朝の会をしたのか説明しました。

2013年度

中学校

1、 受験地名、校種、枠

受験地 群馬県
校種 中学保健体育

2.試験会場に入っての雰囲気

服装 スーツもしくはそれらしい格好
暑さ 教室はクーラーがついていてそこまで暑くなかった。体育館は窓が全開でできる範囲の暑さ対策はしてあった。
緊張感 廊下で話をしている人、教室内で過去問等を見ている人などまちまちいました。特に張りつめたような緊張感はなかった。

3. 筆記試験の様子について

時間配分は、教職教養、専門科目ともに60分でした。間の休憩は20分。
11時30分に専門科目が終わり、12時30分まで体育は体育館に移動して着替え、昼食をする。
問題傾向 マークシート5択 教職教養は38問(国語1~6、数学7~10、英語11~14、以降教職に関する問題)

4.実技テスト(中学・高校受験者のみ)

受験番号で6つの班に分かれる。5種目行う。
・器械体操 マット(倒立前転、開脚前転、伸膝後転、前方倒立回転)
・陸上 ハードル(フォーム、50メートルハードルのタイム)
・球技 バスケット(リバウンド、ジャンプストップ、スライドストップ、ピボット、ジャンプシュート、ジグザグドリブル、レイアップシュート)
・ダンス テーマお祭り 15秒考えて、30秒踊る。
・武道 剣道か柔道どちらか選択。
柔道を選択
受け身(前回り受け身左右、横受け身左右、立位から後ろ受け身)
投げ技 大腰(二回体裁き三回目で投げるように持ち上げる)
礼法 立礼、座礼

5.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
一般教養が減ったので助かった。
気づいたことは熱中症対策をするためか校内の自動販売機が使用可だった。(今までは自動販売機について話はなかった。)
実技はちゃんとできている人は少なかった。

高校

1.受験地名、校種
地名:群馬県 校種:高校
2.試験会場に入っての雰囲気
そんなにピリピリしている雰囲気はありませんでした。落ち着いているのが印象的でした。
高校数学と物理が同じ部屋でした。男性が非常に多かったです。

3.筆記試験の様子について
テスト5分前に問題用紙と回答用紙が配られます。一般教養と教職教養あわせて60分、専門科目(高校の場合)は90分でした。
一般教養は国・数・英しか出ませんでした。国・英は長文、数学は簡単な計算問題でした。
教職教養は学校教育法、教育心理、キャリア教育について、いじめについて、熱中症についてなど幅広く出題されました。
大問は全部で11問、そのうち3問が一般教養、残りが教職教養でした。
専門科目は大問5つでした。今回は学習指導要領から実験や薬品の保存に関する問 題、力学、光学、電磁気学などが出題されました。大学で習うレベルのも出題されます。

4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)
1次試験にはありません。

5.論作文について(テーマ、文字数など)
1次試験にはありません。

6.個人面接(形式、人数、時間)
1次試験にはありません。

7.模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)
1次試験にはありません。

8.実技テスト(リスニング、水泳、ボール運動)
1次試験にはありません。
9.感想、気付いたこと、これから受ける人へのアドバイス
県にもよりますが、群馬県は教職教養が幅広く出題されます。なので、一般教養より教職教養をしっかり勉強しておく必要があります。
専門科目も大学で学習している内容がいくつか出題されました。実験系や理論を理解しないと解けないです。高校の内容だけでなく、大学の内容も勉強しておく必要があります。
もし、群馬県を受験するのであれば、大学の内容をきちんと勉強したり、教職教養を幅広く勉強しないといけません。筆記の勉強をしっかりやるといいと思います!


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド