TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8719106 更新:2014年12月09日

あまりのあるわり算(東書3年平成18年度)第11時


2006年9月11日(月)2校時

『向山型算数教え方教室』誌2002年9月号の論文審査が原実践。

【73ページ】

1.□1 範読→子どもにも読ませる

2.確認

重なっているところに指を置かせる。
隣と確認させる。

3.隠す

指示1:

右手で右側のものさしと重なっているところを隠しなさい

ここは例示する。

4.赤で塗る

指示2:

見えている部分に赤で色を塗りなさい

同じく例示する。

5、問う

発問1:

色を塗った部分、何cmですか

80cmとすぐに出てきた。

6.右側も

同じように扱った。

7.立式

指示3:

全体の長さを求める式を80と20と80を使って書きなさい

ほとんどの子が書けた。
確認後、答えまで書かせた。

8.重なった部分を30cmにした先生問題

図を書きながら行う。
式、答えを確認。

9.重なった部分を25cmにした先生問題

発問2:

実は、よーく測ったらかさなりは25cmでした。高さは何cmですか

持ってこさせ、板書させた。
同じタイプの問題3問目でみんな出来てきたという感じ。

10.□2

基本型を

110+90=200
200-185=15
答え 15cm

にした。

□1と同じように先生問題を2問。

【あかねこ計算スキル】

11.スキル10

2問コースで
1番の出来はよかった。
2番の出来が悪かった。
教科書の□2の基本型を強引にもっていき過ぎたようだ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド