TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2676171 更新:2014年10月11日

算数科 5年生 「15,文字と式」  第1時(啓林館)


 □や△の記号をxやyに置き換えて式を作り、xやyの値を求める授業

○2/16(金)
1時間目の授業。(啓林館下 教科書84~86である。)
『日付、84ページ、⑮ 文字と式 とノートに書きなさい。』
『書けた人は、84ページを開けましょう。』
『題から読みなさい。』
絵の鉛筆の値段、女の子の吹き出しも読む。
『木の葉のマークの所を読みなさい。』
『1本の値段が50円の鉛筆6本の代金を求める式と答えを言いなさい。』
ここで、板書1を書く。

板書1
 1本のねだん     代金
   50円    

「50×6=300 答え300円です。」
ここで、板書1に付け加えて書いた。(板書2)

板書2
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円

『書きましたよね。』
同様にして、60円、70円、80円の時の代金を求める式と答えを尋ね、板書した。
子どもにもノートに式と答えを書かせた。

『教科書のアを読みなさい。』
読み終えて板書3を書いた。

板書3
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円)
    :         :      
   □円      □×6 

『教科書のイを読みなさい。』
□×6=△まで読めたら、
『ストップ。』と言い、板書4を書いた。

板書4
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円)
    :         :      
   □円      □×6=△(円) 

『続きを読みなさい。』
読めたら、板書5を書いた。

板書5
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円)
    :         :      
   □円      □×6=△(円)
    X円       X×6=Y(円)

『隣のページの題から読みなさい。』
1のアのX×6=Yまで読めたら
『もう書きましたね。』
『イを読みなさい。』
ここで、板書6を書きながら

板書6
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円)
    :         :      
   □円      □×6=△(円)
    X円       X×6=Y(円)
  X=50    

『Xが50円の時の代金を求める式と答えを言いなさい。』
 「50×6=300 答え300円です。」
答えを聞いて板書7を書く。

板書7
 1本のねだん     代金
   50円     50×6=300(円)
    :         :      
   □円      □×6=△(円)
    X円       X×6=Y(円)
  X=50のとき、50×6=300 Y=300

『前を見て写しなさい。』
『念のためです。隣と確認しなさい。』

『ウを読みなさい。』
『教科書のX=60、70、80の時の式、答えをノートに写しなさい。』
『書けたら持っていらっしゃい。』
先着3名、前に書かせる。

『念のためにX=90のとき、Yの解を求める式と答えをノートに書きなさい。』
『書けたら書けましたと言いなさい。』
『答えを言いなさい。』
『念のためです。隣と確認しなさい。』

『2を読みなさい。』
『アを読みなさい。』
『全員起立。ノートに2 アと書いて、式が書けたら座りなさい。』
全員が座った時点で
『答えを言いなさい。』「X×8=Yです。」
『イを読みなさい。』
『答えが書けたら持っていらっしゃい。』
1名、前に書かせ、答え合わせをした。

『念のためです。先生問題を出します。』
2の問題を変えて
1本X円の鉛筆を5本買い、代金をYとしてXとYの関係の式を書く問題
Xの値が10の時のYの値を求める問題を出し、答え合わせをした。

ここで、一度計算スキル19をし、答え合わせをした。(やってみようもした。)

『86ページ3を読みなさい。』
ア、ニコニコマーク、式も読ませた。
『式をノートに写しなさい。』
式のX×6の所を指で押さえて
『これは何を表しているか言いなさい。』「鉛筆6本分の値段です。」
70の所を指で押さえて
『これは何を表しているか言いなさい。』「消しゴムの値段です。」
Yの所を指で押さえて
『これは何を表しているか言いなさい。』「代金です。」
このとき板書8を書いた。

板書8
       X×6   +  70    = Y
        ↓        ↓       ↓
    鉛筆6本の値段+消しゴム代 = 全部の代金

『イを読みなさい。』
『教科書のX=50、60の時の式・答えをノートに写し、
 残りの70、80の時の式・答えもノートに書きなさい。』
『書けたら持っていらっしゃい。』
できたら教科書の表に数字を書き込むように指示した。
それもできた子には先着4名、前に答えを書かせた。
5番目以降の子どもには、4を読むように指示した。
前に答えが書けた時点で、答え合わせをした。

『4を読みなさい。』
『アを読みなさい。』
『全員起立。式が書けたら持っていらっしゃい。』
先着1名、前に書かせた。
書けた時点で、答え合わせをした。
ここで、私が前に式を書き、
『合っていたら○を付けなさい。間違っていたらなおしなさい。』
『イを読みなさい。』
『式と答えが書けたら持っていらっしゃい。』
先着3名、前に書かせる。
書けた時点で答え合わせをし、授業を終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド