TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8483385 更新:2014年09月21日

算数科 5年生 「3,同じものに目をつけて」  第3時(啓林館)


 同じものどうし差し引いてから問題を考える授業

○6/28(水)
3時間目の授業。(啓林館教科書49ページである。)
『49ページを開けましょう。』
『3』と言って私(長谷川)が問題を読む。
問題が読めたら、
『3の問題に関する線分図を指で押さえなさい。』
『線分図を読みます。』
『線分図をノートにそっくりそのまま写しなさい。』
『同じものどうしをひきます。』
『線分図で同じ物を引くのに○をつけなさい。』と言って、
教科書49ページの3番の線分図に上と下で共通するものに
○を付けた線分図を板書(板書1)した。

__________2014-09-15_19.51.51

『残るものを言いなさい。』 「えんぴつ2本です。」
『お金はいくら残るか言いなさい。』   「80円です。」
ここで、20円分も○をつける。
そして、えんぴつ2本分と80円分の線分図を赤でなぞる。
(板書1に付け加える)
と同時に残るものとしてえんぴつ2本、80円と黒板の線分図に書く。
そこで、
『えんぴつ1本を求める式がわかる人は座りなさい。』
それでもわからない子にはヒントとして前にこのように書く。

__________2014-09-15_19.52.39

これでわかったと全員座る。
『えんぴつ1本を求める式、答えを書いたら持っていらっしゃい。』
20名、○をつけたら答え合わせをする。
早く○がついている子には花まるをつけるように指示する。

『次は、はじめに持っていたお金を出します。』
ここで、えんぴつ1本のねだんを言わせ、
次に線分図の下のえんぴつ5本と残りの100円を2回読ませた。
すると、「わかった。」との声。
後押しで、
『答えは300円になります。』       
もう完全にわかったとの声。
『はじめに持っていたお金を出す式を言いなさい。』「40×5+100です。」
『この式は、下の線分図を使った式です。』
『今度は、上の線分図を使った式を言いなさい。』 「40×7+20です。」
『答えを言いなさい。』 「持っているお金は300円です。」
『式・答えが書けたら持ってらっしゃい。』

『4を読みます。』
『4の線分図を前に書きます。前を見て書きなさい。』
書けたら、3の問題と同様にして問題を解かせ、できているかを確認する。
最後にスキル29を再度します。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド