TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/14 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133136 更新:2014年08月24日

メダカをさがせ(5年理科魚のたんじょう) 第1時


目標
 ・ メダカが激減している理由を考え、地域の環境が変わってきたことを知る。
 ・ メダカを探して、地域の自然を見直し、地域の環境を守る態度を育てる。
  (5年生 理科でメダカの学習を始めて、後に平行する形で行なった。)

第1時
 準備物…「メダカ激減」を報じた新聞,メダカの絵(オスとメス)
メダカの絵を見せて、

指示1:

メダカについてどんなことを知っていますか。3つ書以上書きなさい。
1つ書けたら持ってきなさい。

・オスとメスがいる。     ・小さい。
  ・メダカは魚。        ・せびれとしりびれが大きいのがオス。
  ・川に住んでいる。      ・きれいな水のところにしかいない。
  ・泳ぐのがはやい。すばやい。 ・移動するときは固まって移動する。
  ・メダカは、水草に卵を生む。 ・メダカはいなくなっている。

説明1:

みなさんは、今、理科でよく観察していますね。メダカは、北海道をのぞく日本全国で見られる川や水田、池沼に住んでいる魚です。大きくなって全長4cm程です。
教科書にのっているおなかの少し赤いメダカは、ヒメダカという品種です。他にアオメダカやシロメダカといった品種もいますがこれらは、鑑賞用に飼育されたもので、川や水田など自然の中にいるメダカは、全てクロメダカです。
メダカは、小さな群れをつくって流れのあまり早くない水面近くを泳いでいます。食べ物はミジンコなどの小さい生物やボウラ藻類などなんでも食べます。
水質、水温の変化にも強く、水温18℃以上になると水草などに卵を生み繁殖します。日本では、4月~10月にかけて数回卵を産みます。
しかし、これだけ繁殖力のあるメダカが今、激減しているというのです。

※「メダカ激減」の新聞記事を見せる。
   1999年2月19日(金)の新聞ならどの新聞にもこの記事が載っている。
   私は、1999年3月7日の地元福井新聞の論説を使った。
※ 新聞記事を読む。
   (メダカのいなくなった理由が書いてあるところは、一部隠した。)

指示2:

これを聞いての感想をノ-トに書きなさい。

・メダカが絶滅の恐れがあるなんて知らなかった。
・どうして減ったのだろう。
・マニアや悪徳業者が狙うなんて悪い奴だ。

発問1:

どうして急に減ってきたと思いますか。予想を書いてみましょう。

   ・川が少なくなってきた。 ・洪水で流された。
   ・ゴミで川が流れた。   ・洗剤で川が汚れた。
   ・とりすぎた。
   ・はい気ガスや工場から出る油で川が汚れたから。
   ・川がコンクリ-トになってしまい、卵を産む水草がなくなってきた。

発問2:

この片上地区には、現在メダカはいますか。
理由も述べなさい。

◎いると思う… 15名   ◎いないと思う…  8名
・  私の家の近くの池には、魚やざりがにがいるからメダカもいると思う。 
・ ぼくの家の前の川には、6年ぐらい前にはいた。でも今は川が工事されたのでいない。

指示3:

自分たちの地区にメダカがいるか、自分で調べてみましょう。
どのように調べますか。

  ・ 区長さんに聞く。
  ・ お父さん、お母さんに聞く。
  ・ おじいちゃんに聞く。
  ・ 自分たちで見に行く。

指示4:

家で調べてみましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド