TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/17 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3447580 更新:2012年12月12日

ディズニーランドを支える人


説明1:

東京ディズニーランドです。とても人気があります。
この人はウォルト・ディズニーさん。ディズニーランドを創った人です。

発問1:

ウォルト・ディズニーさんは、ディズニーランドを創るとき大切にした考えがあります。
「お客様に( )と感動をプレゼントする。」( )の中には何が入るでしょうか。

説明2:

「夢」です。入れて読んでみましょう。
東京ディズニーランドには毎年1000万人の人が訪れるそうです。日本一の入場者数です。
こんなにたくさんの人が来るのは、ディズニーさんの思ったとおりにディズニーランドが夢と感動をプレゼントしているからなのでしょう。

発問2:

たくさんのお客さんに夢と感動をプレゼントするために、ディズニーランドでは7000人もの人たちが仕事をしています。
どんな仕事があるでしょうか。

発問3:

どの仕事もなくてはならない仕事です。
けれど、ディズニーランドは、ある仕事に一番力を入れています。その仕事をする係はカストーディアルとよばれています。
どんな仕事でしょうか。

発問4:

お掃除をする係です。600人もいます。
なぜ、お掃除に一番力を入れるのでしょうか。わけを考えて書きなさい。

説明3:

カストーディアルは、夢と感動をプレゼントするために、ゴミ一つ落ちていないきれいな場所を目指し、お掃除を徹底しているのです。
①毎日朝から晩まで300人ずつ15分交代でそうじしている。
②ゴミ箱は全部で860個、一つずつチェックする。
③ほうきを使うときは体にぴたりとくっつけながらはく。(お客様にぶつからないため。わけを聞いてもよい。)
④ローラースケートをはいている。(わけを聞いてもよい。素早く移動するため。TDのゴミは15分以内に拾われる。)
⑤夜の掃除係がいます。「ナイトカストーディアル」といって12時から7時まで掃除する人たちです。地面をブラシで水洗いしたり、トイレを掃除したりしている。

発問5:

「ナイトカストーディアル」には掃除の目標があります。
「地面の掃除は( )が( )できるほどきれいにしなければならない。」です。( )には何が入るでしょうか。

説明4:

「あかちゃん」と「はいはい」です。
カストーディアルの方が書いた文です。

カストーディアルの人の作文
「夏のしごと」
 連日、日中30度を越す中、直射日光を受けながら歩き回らなければならない。
とくに開園から夕方まで働くキャストは大変だ。休憩を挟んだとしてもだいたい2時間は
連続して日光を浴び続ける。ただでさえ暑いのにディズニーランドの地面は照り返しが
強く、実際の気温よりもかなり暑く感じるのだ。そのため脱水症状を起こし仕事中に倒
れるキャストも時々いる。
 夏は他の季節とちがい、ポップコーンのゴミは少ない。ジュースやアイスがたくさん売
れるため、反対に増えるのが「こぼれもの」である。
 ジュースが地面にこぼれ、一面をぬらす。とけたアイスが点々と痕を作る。その対応に
追われるのだ。
「冬の雪かき」
 真冬の深夜の東京ディズニーランドは底冷えがするほど強烈に寒い。その上、雪と風で
ある。雪かきはかなりの運動量になるはずなのだが、すぐに体温を奪われるので寒さに
耐えながらの作業となる。
 雪はどんどん降り積もっていく。キャスト総動員で除雪作業を行うが、降り積もる雪の量
にはとても追いつかず、パークの中でも5㎝以上の積雪があった。
 明け方には雪がやんだ。開園は9時。それまでになんとか雪をパークから消し去らなくて
はならない、と作業は急ピッチで進む。
 地面だけでなく、屋根や木々に降り積もった雪も落とされ、雪に彩られたビッグサンダー
マウンテンなどのアトラクションからも白い衣がはぎ取られていた。
 雪が消滅したことを確認した11時過ぎ、遅れて開園。
 お客さんはみんなびっくりしたという。外はまだ雪は積もり、真っ白な光景を見せていた
のに、一歩ディズニーランドへ足を踏み入れたとたん、白い光景はなくなり、いつもの「夢と
魔法の王国」があったのだ。

発問6:

カストーディアルのみなさんをどう思いますか。

説明5:

目立たないところでもがんばって支えてくれる人がいるからこそ、夢や感動、楽しさがあるのです。
日本人は昔からそんな人や仕事をとても大切な事として言葉にしました。
「○○の力持ち」と言います。知っているかな。
そう、「縁の下の力持ち」です。
おうちを支えているのは柱。柱は床の下の石がささえています。
その石はめだたないけれどしっかりと家全部をささえてくれているのです。

説明6:

では、○○小学校の「縁の下の力持ち」といったらだれでしょう。
そう、6年生ですね。
登校班、委員会、クラブ、清掃班・・・。
みんなが学校を支えています。

指示1:

授業の感想を書きなさい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド