TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2962122 更新:2014年03月05日

学級活動・全校集会活動大事典 「なあにがとんだ」


子どもたちが夢中になって動く模倣遊びをご紹介する。
※原典は,伊藤友子氏論文※

「とーんだ。とーんだ」
「なあにがとんだ」
「ひこうきがとんだ」

私が答えるやいなや,いっせいにひこうきになりきって飛び回る子どもたち。
高く飛ぶもの,低く飛ぶもの,着陸するもの,高速ジェット機になるもの。一人一人楽しそうに動いている。

N-1

実は,これ,もほう遊び「なあにがとんだ」である。次にやり方を示す。
まず,子どもたちを集合させ,座らせる。

指示1:

これから『なあにがとんだ』という遊びをします。
例えば,先生が「とーんだ。とんだ」と言います。みんなは,何が飛んだか知りたいね。
そこで,「なあにがとんだ」と聞きます。
すると,先生は「ひこうきがとんだ」と答えます。
そうしたら,みんなは,飛行機になって,好きなところへ飛びます。
じゃあやってみよう。友達にぶつからないようにちらばりなさい。

1回やってみる。

N-2

30秒ほど飛行機をさせたら,集合させる。うまく飛行機が飛べTら,ほめてあげる。

指示2:

こんどは,タイコが,ド・ドンとなったら,飛行機をやめて歩きます。そしてまた「とーんだ。とんだ」とくりかえします。
では,飛行機が飛んでいるところから,始めましょう。さあ,飛行機飛んでください。

20秒ほど飛行機をさせたら,タイコをドドンと打つ。

N-3

歩かせるときは,二拍子で「ドン。ドン。ドン。ドン」と打つと,リズムに乗って歩かせることができる。
4歩ぐらい歩かせたら,また「とーんだ。とんだ」と声のかけ合いをまた始める。そのときも歩きは続けさせる。

このように“飛行機”から始まって,“ヘリコプター”“鳥”などとどんどん飛ぶものをを出してやる。
この遊び,“飛ぶシリーズ”のほかに“泳ぐシリーズ”“歩くシリーズ”などいろいろ工夫できる。
例えば次のようなものである。

【泳ぐシリーズ】
・メダカ ・ひらめ ・おたまじゃくし ・どじょう ・サメ など

【歩くシリーズ】
・ひよこ ・ワニ ・ニワトリ ・ゾウ ・ペンギン ・ゴリラ など

この遊びの最後にオススメしたいものがある。
それは,ぜひ,「なーらぶ。ならぶ」と言ってほしい。
「〇組さんがならぶ」とか「おりこうさんがならぶ」とか言ってやると,笛など使わなくても,すんなりと整列することができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド