TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/16 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9894964 更新:2014年02月27日

「君が代」の歴史の授業


「君が代」の歴史の授業

1.授業の概要

「君が代」は、大東亜戦争(太平洋戦争)のためにつくられたものではない。
西暦905年醍醐天皇の命で編纂された『古今和歌集』には、既に詠み人知らず(作った人が誰かも分からないくらい古い歌)として紹介されていることからも分かる。
太古から読まれていた歌を、日本人の先人がどのように歌い継ぎ、現在のようになったのか。
1999年にやっと国歌として明文化された「君が代」の正しい歴史を学ぶ授業。
当日はパワーポイントを使用して授業した(授業コンテンツとしてTOSSランドに公開・公有中)。

2.授業の内容

発問1:

この曲の題名は何ですか?
(以下を、1つ1つ提示してヒントを出しながら、考えさせる。)

1.世界の国歌の中で最も古い
2.1903年にドイツで行われた「世界国歌コンクール」で、一等を受賞
3.バジル・ホール・チェンバレン(英語訳)
  A thousand years of happy life be thine!  Live on, my Lord, till what are pebbles now,  By age united, to great rocks shall grow,  Whose venerable sides the moss doth line.

最後は、「君が代」の歌詞を提示して、正解を告げる。

発問2:

君が代のうたは、いつできたでしょうか?

難しいので、4択で提示する。
歴史を学んでいない5年生以下の学年には、平安時代は、みんなでお正月に遊ぶ「百人一首」とか「ひらがな」がつくられた時代。
お雛様のような服を着ていた時代。
江戸時代は、お侍さんが力をもっていた時代。
などというように一言加えるとよい。

Img

説明1:

証拠があります。
平安時代の始め、西暦905年につくられた「古今和歌集」に、「よみ人知らず」、つくった人が誰だか分からないぐらい古い歌として紹介されています。民謡のように誰でも知っている歌だったそうです。だから、平安時代よりも前が正解。
「わが君は、千代に八千代に、細石の、巌となりて、苔のむすまで」
「私の愛しいあなた様、或いは、私の大切なお父さんお母さんは、千年八千年に渡って、小さな石が大きな岩に成長し、さらに、その岩に苔が生えるまで、ずっと長生きして下さい」という長寿を祝う歌だった。後になって、「君が代は」と変わります。

パワーポイントで、資料を提示しながら、説明する。

Img

説明2:

 これは図形譜という楽譜です。
 「君が代」は、和歌だったから、ちゃんと歌われていました。
 当時、どんな風に歌われていたのか、聞いてみよう。
 こんな風に歌われ続けてきました。

「君が代」の「和歌披講譜」を提示しながら、説明する。

Imgcan28vt2

 初句(君が代は)は、一人で歌って高さを決め、二句(千代に八千代に)から全員で歌っています。

発問3:

 ところが、1853年この人が日本に来ます。誰ですか?

ペリー来航の絵を提示する。

Cdc1362cd03909dac8da702209eb3e3fbb48eb5f_jpg

説明3:

 その時の絵です。絵の左下、実は軍楽隊と言う吹奏楽を一緒に連れてきた。それを見て、いいなと思うわけです。
 これ以来、日本人はヨーロッパの音楽を本格的に勉強し始めます。

 このすぐ後、薩摩藩、今の鹿児島県では、自分たちで吹奏楽団も作ってしまいます。

E959b096e7dbec37c2634e47c39f938a769c4bb1_jpg

しかし、このように、外国とお付き合いをするようになると、国歌が必要になってくる。
合同で儀式をすると、「うちの国の国歌を演奏するから、日本の国歌の譜面も貸してくれ。演奏するから。」と言われるようになるんだ。
そこで、始めは、みんなが知ってた君が代の詩に、フェントンというイギリス人に曲を書いてもらいます。

Fenton

できれば、伴奏に合わせて、歌って見せるといい。
無理なら、歌が入った古い演奏CDが販売されているので、購入して聴かせるとよい。

説明4:

 これが世界で初めて認められた日本の国歌です。イギリスとの交流行事で一緒に演奏されたそうです。
 でも、これ、とっても評判が悪かったのです。理由は、まず日本人らしくない。イギリス人がつくったから、イギリス風なんです。
 それから、フェントンは日本語をよく分かっていなかったので、「イハ」とか「コケ」とかやってしまう。とっても間抜けに聞こえたようです。

説明5:

 そこで、雅楽を演奏する人だった「林広守」が雅楽の伴奏でメロディをつくります。

Kimigayo

これも、当時の録音がCDで販売されているので、購入して聴かせるとよい。

説明6:

これも、問題がありました。雅楽伴奏では、海外で演奏できない。ピアノかオーケストラで伴奏できるようにしないといけない。
そこで、ドイツ人エッケルトに頼んで伴奏を書いてもらいます。(現在の伴奏譜での演奏)

指示1:

歌います。

起立して、子供たちと一緒に歌う。

Ed6c288456d06f525306d5753212d7d8d835820c_jpg

説明7:

 ところで、不思議ではないですか?
 わざわざ最初の2小節は、ハーモニーがついていません。
(6年生なら、尋ねても面白い。気づく子供も現れる。低・中学年には難しいのでサラリと説明する。)
 エッケルトは、日本の文化をよく勉強していました。和歌は初句を一人で歌っているのを、わざとハーモニーをつけず表現し、3小節目から一気にハーモニーをつけて、二句から全員で歌っているのを表現しています。

説明8:

 君が代は、このように千年以上の歴史があるお祝いの歌なのです。
 だから、日本中の卒業式や入学式などで、歌われるのです。

[5・6年生なら](上記に足して)
 本当の「国際人」は、自分の国の国歌も、他の国の国歌も同じように大切してける人を言います。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド