TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2435235 更新:2014年02月19日

産休に入るときのあいさつ


説明1:

先生のお腹には、赤ちゃんが入っています。

正面からだとお腹の大きさが分かりにくいので、体を横にして見せる。

発問1:

先生のお腹の赤ちゃんはどうなっているでしょう。

説明2:

お腹を開けることはできないので、絵を持ってきました。

正面を向いて、お腹に実物大の子宮と赤ちゃんのイラストをあててみせる。
イラストは、ネットで検索するとすぐ出てくる。
全校の前で挨拶する時は、後ろの子は細かいところまで見えない。
なので、できるだけシンプルで線がくっきりとしたイラストにする。
A4サイズのイラストで、ほぼ実物大(産休に入る時期の出産8週前の大きさ)になる。

説明3:

先生のおなかの赤ちゃんは、今、これくらいの大きさです。
頭を下にして、体を丸くしています。

イラストを見せることで赤ちゃんの存在がどの子にも伝わる。
特に低・中学年は、お腹が大きいことに気づいていても、赤ちゃんがいることに結びついていない子もいるので、この話で初めて分かったという子もいる。

説明4:

みんなのように、かしこくて、元気な子どもが産まれるように、先生は赤ちゃんを産むためのお休みに入ります。
みんなと過ごして、元気な声やしっかり勉強しているパワーが赤ちゃんにも伝わっていました。
ありがとう。

以下は、自分の体調や校内の事情に応じて付け加える。

赤ちゃんが入っているお腹を触ってみたい人は、この学校の子だけ特別。
触らせてあげます。

と話すと、大きなお腹が大人気になり、休み時間に、お腹を触ってみたい子に囲まれる。
腹帯などで、赤ちゃんの動く感触は伝わらないが、お腹の大きさは実感できる。
また、男女を問わず
「元気に生まれておいでよ。」
と声をかけてくれる子もいて、幸せな気持ちをたくさんもらえる。

妊婦に接する機会は限られているので、少しでも生きた教材になれるといい。


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

私は病院で撮った超音波画像のビデオを見せました。
赤ちゃんの心音が好評でした。
全校で話をする機会はなかったので、
学年集会で話をしました。

by 江坂紗貴 2014/02/24 13:45

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド