TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/25 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2839154 更新:2014年01月27日

3年啓林館「□を使った式」全発問・全指示1


1.かけ算の筆算を復習する

指示1:

12×76をノートにやってごらん。
ノートに書けたら持ってらっしゃい。

先着20人まで○をつけた。1番の子に板書させ、読ませた。
243×12も出題。こちらは問題を板書し、すぐに正解を書いていった。それを見て答え合わせ。できた子全員で読ませた。

2.P.90をやりながら□1を終える

(1)問題の概要を押さえる

指示2:

それでは今日は90ページに入ります。「18、□を使った式」
男の子のセリフを読みます。(あめがはいっています)
女の子のセリフを読みます。(外には4こあります)

指示3:

「ビックリマーク、あめが1ふくろと、ばらで4こあります」「○ア、全部で何こあるか調べてみましょう」
鉛筆君のセリフを読みます、さんはい。(ふくろの中は何こですか)

説明1:

袋の中がわからないんだな。

指示4:

男の子のセリフを読みます。(10こはいっていると、10+4で14こです)
女の子のセリフを読みなさい、さんはい。(11こはいっていると、10+4で15こです)

発問1:

では、12個入っているとしたら、どんな言い方になりますか。お隣さんに言ってごらん。(12こはいっていると、12+4で16こです)
全員で、さんはい。(12こはいっていると、12+4で16こです)

指示5:

念のため、13個入っているとしたらどんな言い方になるか、さんはい。(13こはいっていると、13+4で17こです)

発問2:

「○イ。1ふくろのあめの数を□ことして、全部のあめの数を式にかいてみましょう」
どんな式になりますか。お隣さんに言いなさい。(□+4です)
全員で、さんはい。(□+4です)

(2)線分図を描く

指示6:

「○ウ、あめの数は全部で16こになるそうです。1ふくろのあめの数を□ことして、式にかきましょう」
ノートに線分図を描いてごらん。この勉強も線分図を描いていきます。

P.91に載っている。ほとんどの子がそれに気づいた。速く描き終えた子に板書させた。

発問3:

言葉を付け足します。「16個」には何という言葉がいいですか?(「全部の数」です)
書き足しておきなさい。

発問4:

4個は何て書けばいいですか?(「ばらの数」です)
その通り!「ばらの数」ですね。書きなさい。

発問5:

それでは、□個は何て書けばいいですか?(「1ふくろの数」です)
その通り!「1ふくろの数」ですね。書きなさい。

(3)□を使った式を書く

指示7:

もう1度、○ウの問題を読みます。「○ウ、あめの数は全部で16こになるそうです。1ふくろのあめの数を□ことして、式にかきましょう」
ノートの線分図の下に式を書いてごらん。(□+4=16です)

指示8:

□を求める式はどんな式ですか?今の下に書きなさい。(16-4です)

指示9:

答えも書きなさい。(4個です)

<板書>
式 □+4=16
  16-4=12     12こ(下線あり)

指示10:

これをこう読みます。「式、□+4=16」(式、□+4=16)
「□を求める式、16-4=12」(□を求める式、16-4=12)
「答え、12個です」(答え、12個です)

3.P.91の□1は終わっていることを確認する

指示11:

91ページ、□1に指を置きなさい。

説明2:

「ビックリマーク○ウの□+4=16の□にあてはまる数をみつけましょう」
もう見つけましたね。

4.△2を解く

基本型はこのようになる。

P1090337
(1)線分図を描く

指示12:

△2にいきます。「あめが23こありました。友だちとみんなで食べたので、15このこりました」
まずはこの問題を線分図にしてごらんなさい。
完璧がA、足らない所がある人がB、でたらめがCです。

線分図を写し、更に言葉を書き足してきた子がA。
最初は多くの子が言葉を書き忘れてくる。「何かが足らない!B!」と評定し続ける。そのうち、子どもたちは気づく。
最初にAをとった子に板書させ、わからない子の参考にさせた。
一定の所で打ち切り。合格した子たちに班内で見させ、全員しっかり描かせた。次のようにした。

指示13:

Aをとった人起立!班の人が全員描けたら座りなさい。

とはいえ、時間差が大きかったので、全員で△2を読み、更に5人に読ませた。時間調整である。

(2)式を書く

指示14:

念のため、もう1度△2を読みます、さんはい。(あめが23こありました。友だちとみんなで食べたので、15このこりました)
「○ア、食べたあめの数を□ことして、式にかきましょう」ノートに式を書きなさい。

1番に書けた子に板書させた。
「23-□=15」である。

指示15:

□を求める式を、その下に書きなさい。

1番に書けた子に板書させた。答えまで書かせた。
「23-15=8 答え 8こ」である。

計算スキルをやった。
その後時間15分程が余っていたので、難問をやった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド