TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2621514 更新:2014年01月25日

『わにのおじいさんのたからもの』(全9時間)第3~4時


第3時 設定の確認1(登場人物、中心人物①)

漢字指導
全文ペアで交代読み

発問1:

登場人物は誰ですか。

指示1:

隣近所と話しなさい。

いきなりノートに書かせず、周りと意見を共有させた。
その後、意見を聞いた。
「おにの子」「わにのおじいさん」の2人が出た。

発問2:

わにのおじいさんを、殺そうとするやつは、登場人物ではなのですか。

「ちがう!」と次々に子供たちが言う。
登場人物とは、「お話の中で、人間のように話したり動いたり考えたりするもの」「劇にしたら登場するもの」と定義を押さえている。
2年生の1学期で学習したことを、よく覚えていた。

指示2:

ノートに書きなさい。

子供に作文力を付けるため、箇条書きではなく、文章で書かせた。
次のアウトラインである。

とう場人ぶつはだれか。
一人目は「おにの子」である。
二人目は「わにのおじいさん」である。
このように、とう場人ぶつは二人である。

段落の変わり目で、一マス下げるところには、黄色いチョークで〇を書いた。
すると、どの子も一マス下げることができた。
上記のアウトラインは、村野聡氏の追試である。
最後に、書いた文を全員で音読して、授業を終えた。

第4時 設定の確認1(登場人物、中心人物②)

漢字指導
全文ペアで交代読み

発問3:

中心人物は誰ですか。

指示3:

隣近所と話しなさい。

「中心人物」という言葉は、以前学習した物語文で押さえた。
しかし、定義は詳しく押さえていなかった。
本時は、中心人物とは、誰で、どのようなものをいうのかを理解することを学習の中心とした。

その後、発表へ。
人数を確認した後、理由も発表させた。

「おにの子」 18人
 →はじめからお話に出ているから。
 →わにのおじいさんを助けてあげて、優しいから。 など。
「わにのおじいさん」
 →題名に書かれているから。
 →おにの子に、宝物の場所を教えてあげたから。 など

様々な意見が出た。
「中心人物」の定義がないと、意見がバラバラで収拾がつかなくなる。
定義を2つ教えた。

指示4:

ノートに写しなさい。

次の文を板書した。

中心人ぶつとは何か。
中心人ぶつとは、つぎのものである。
一つ目は、とう場人ぶつの中で、とう場するばめんが、一ばん多いものである。
二つ目は、お話のはじめとおわりで、大きくかわるものである。

説明1:

登場人物には、つぎの2つが大切です。
1つ目は、お話の中で、一番多く登場していること。
2つ目は、お話の始めと終わりで、一番大きく変わっていることです。

板書をしながら説明した。
1つ目を説明した後に、「おにの子」と「わにのおじいさん」、どちらが一番多く登場しているか、考えさせた。
全員、「おにの子」に手を挙げた。
その後、2つ目を説明。ここは意見が分かれたが、「夕焼けを見て感動したおにの子が、一番大きく変化している」と、まとまった。
なお、定義のアウトラインは、村野聡氏の追試である。

指示5:

ノートに写しなさい。

だから、『わにのおじいさんのたからもの』の中心人ぶつは、「おにの子」である。

最後に、ノートに書かせたことを読ませ、授業を終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド