TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3253362 更新:2012年12月13日

指名なし発表で「富国強兵」を理解させる


1.音読で全員を巻き込む

指示1:

教科書、140ページ。

慌てて教科書(東京書籍)を探す生徒もいるが、すぐに次の指示を出す。

指示2:

○○君、早い! 1行目、読んでください。

「新政府は、欧米の強国に対抗するため、経済を発展させて国力をつけ、軍隊を強くすることをめざしました。」

指示3:

続き、△△さん。

「新しい国づくりのためのこれらの政策を、富国強兵といいます。」

指示4:

次、□□君。

「なかでも学制、兵制、税制の三つの改革は、近代化の基礎となり、国民の生活に大きな影響をあたえました。」
ここを読む頃には全員が教科書を開いている。

指示5:

今読んだ6行を声に出して読みます。読み終わったら座ります。全員起立。

音読の効果は、最近の脳科学でも証明されている。しかし、教科書をすべて音読する時間を確保することは難しい。そこで私は、授業のポイントになる部分だけ撰んで音読させるようにしている。ここでは授業の概要をつかませるために音読を用いた。

2.教科書を読まざるを得ない状況をつくる

発問1:

明治政府が、経済を発展させて国力をつけ、軍隊を強くすることを目指した政策を何といいますか。

指示6:

教科書から漢字4文字の答えを探して、ノートに書きなさい。

教科書から問題を出せば、もう一度教科書を読まざるを得ない状況をつくることができる。

指示7:

全員で答えを言います。さんはい。

「富国強兵」
その通り。明治政府は富国強兵のために、学制、兵制、税制の3つの改革を行いました。

発問2:

それぞれ何をしたのですか。

指示8:

空欄を埋めなさい。

【板書】
富国強兵
三つの改革
・○○:6歳以上男女すべてに小学校教育
・○○○:20歳以上の男子は兵役
・○○○○:地価の3%を現金で納める

板書の途中に空欄をつくる。ただ写させるだけでは、生徒の頭は働かない。答えは上から「学制」「徴兵令」「地租改正」である。教科書の続きを読むと太字で表示されているので、すぐに答えがわかる。教科書を読まざるを得ない状況をつくるのである。

3.主発問から指名なし発表をさせる

発問3:

ところで、この3つの改革。富国強兵のために一番重要だったのは、どれだと思いますか。

指示9:

1つ選びノートに書きなさい。書けた人は理由も書くのですよ。3分後、発表してもらいます。

【板書】
一番重要な改革はどれか?
(  )だと思います。
理由は・・・・。

このように板書しておくと、ノートを読むだけで発表ができる。
約3分後、生徒の作業状況を見て指示を出す。

指示10:

教室の中心に机を向けます。自信のない人から発表しなさい。どうぞ。

昨年度から授業中何度も指名なし発表を行っている。これだけの指示で次々と生徒が立ち、発表し、座る。
「徴兵令だと思います。理由は、外国に対抗するためには、強い軍隊が必要だからです。」
「学制だと思います。理由は、経済を発展させるためにも、軍隊を強くするためにも、欧米の技術を学ばなければいけないからです。」
「地租改正だと思います。理由は、政府の安定した収入がなければ、教育を行うことも、強い軍隊を作ることもできないと思うからです。」
この発問は、どのクラスでやっても、意見が3つに分かれるからおもしろい。
途中、次のように促した。
「友達と同じ意見でもいいから発表しなさい。」
「発表すると、自分の意見を決めるために脳がいっぱい活動して理解が深まります。」

4.発問を通して意見を整理する

指示11:

○○君。もう一度、140ページの1行目を読んでください。

「新政府は、欧米の強国に対抗するため、経済を発展させて国力をつけ、軍隊を強くすることをめざしました。」

発問4:

明治政府は、何のために富国強兵を目指したのですか。

「欧米の強国に対抗するためです。」

発問5:

では、どうしたら対抗できるのですか。

「あ、そうか。強い軍隊を作らなきゃいけないんだ。じゃ、徴兵令だ!」

発問6:

その通り。でもどうしたら、強い軍隊ができるのでしょうね。武士の政権である江戸幕府より、明治の新政府の軍隊の方が強かったのはどうしてですか。

「新しい武器があったから」

発問7:

では、新しい武器を手に入れるためには?

「お金・・・・地租改正だ!」

発問8:

その通り。ではそのお金、つまり政府の収入を増やすためにはどうしたらいいのですか。

「やっぱり教育じゃん。学制だよ、学制。」
「結局全部大事なんでしょ。」
「ということがわかれば、今日は合格です。」

【大切なことは教師が言わない。大切なことこそ、生徒に言わせる。】
こうすることで、生徒の記憶に残る可能性が飛躍的に高まる。指名なし発表後の生徒たちは、早く正解が知りたくて仕方がない状態だ。だから教師の話をよく聞く。それでもできるだけ説明はしない。
授業後、「よくわかった」という感想を多く聞くことができた。

 《参   考》 「新しい社会 歴史」(教科書) 東京書籍
         「月刊中学向山型社会」2007年6月号14ページに発表した論文をもとに作成。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド