TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/25 現在)

21482
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1232096 更新:2014年01月13日

吹く前のしつけ


 指導の第一歩は、基本的なしつけである。その内容は、次のようになる。

【指導の第一歩】
 1.吹く前の手洗い、うがい
 2.正しい出し入れ
 3.正しい置き方(机の上)
 4.正しい組み立て方
 5.正しい姿勢
 6.学習時の約束

 尚、これらは、一度指導すれば終わりというものではなく、定着するまで、何度でも指導をする必要がある。

1.吹く前の手洗い、うがい

 指導を始める前に、一度、これを指導する。
 リコーダーを机の上に出させた後、次のように言う。

指示1:

水道の所へ行って、石鹸で手を洗ってきなさい。

 子どもたちは、音楽の時間に手を洗うなんて不思議そうな顔をする。
 全員が手を洗い、席に着いたのを確かめて、次のように言う。

説明1:

手には、目に見えない汚れや油がついています。
もし、そんな手で触ってしまうと、それらがリコーダーについて、とても汚れてしまいます。
だから、今、手を洗ったのです。

 なるほどと、やっと納得したような顔をする。

発問1:

リコーダーを吹く前に、綺麗にした方がいいところが、もう一つ有ります。  どこでしょう。

 「机の上」  …じゃまな物は、しまった方がいいから。
 「笛を吹く所」…口を付けるから。
 「口の中」  …なんとなく。

説明2:

どれも、よく考えられた答えですが、正解は、口の中です。

 「やったー!」という声があがる。

説明3:

口の中には、食べ物のカスなどが残っていることがあります。
そんな時に、そのままリコーダーを吹くと、カスが詰まって音が出にくくなってしまうかも知れません。
だから、特に、物を食べたばかりの時は、ブクブクうがいが必要なのです。

 実際に、「音が出ません。」と言って持ってきた子どもたちのリコーダーの中には、食べかすが詰まっていたものがあった。
 そんな時の掃除の仕方については、別の項に譲る。

指示2:

明日からは、音楽の授業が始まる前に、手や口をきれいにしておきましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド