TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/15 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1232086 更新:2014年01月13日

新しい指遣いの覚え方


 新しい指遣いを覚える時の原則は、次の通りである。

 (1) ふさぐ穴を知る…指番号を使うと便利。
 (2) さぐる…目で穴を確認し、指で感じる。
 (3) 押し付ける…強く押し付けた時に出来る穴の跡を確認する。
 (4) 軽くたたく…指で穴をたたいて、ポンという音を出す。

 ※「リコーダーのテクニック」(音楽之友社刊)より下線部のみ引用

 以下、指導の手順を述べる。説明の時は、リコーダーや板書を示しながら行う。

【手順1 指穴番号と指番号を教える。】

説明1:

リコーダーの指穴に番号をつけます。上から順に、1.2.3.…で一番下が7です。
後ろの穴は、0です。

__________2014-01-09_22.21.08

説明2:

指にも番号をつけます。左手の親指が0、人差し指が1、中指が2、薬指が3です。
右手は、人差し指が4、中指が5、薬指が6、小指が7です。

__________2014-01-09_22.21.16

【手順2 穴のふさぎ方を教える。】

説明3:

1~7の指では、指先のふくらんだ所で穴をふさぎます。
でも、0の指だけは、指の左斜め上の方で穴をふさぎます。(板書2)

 以下、原則に従って、指遣いを指導する。

【手順3 ふさぐ穴を知らせる・手順4 さぐる】

 教師が01(シの指遣い)を押さえて、みんなに見せながら指示する。

指示1:

0、1を押さえます。1の指は、ふくらんだ所に穴が来ているかどうか見ながら押さえなさい。
0の指は、左斜め上の方に穴が来ているか目で確かめなさい。

 位置の確認が終わったら、次は、目をつぶってやってみる。

指示2:

次は、目を閉じて、0、1を押さえなさい。指の目で、指が分かりましたか。  分かったら、もう一度、目を開けて、合っているかどうか確かめなさい。

 指を上下に少しずらすように動かすと、指の腹(目)で穴を感じることが出来る。

【手順5 押し付ける】

指示3:

穴の位置が分かったら、指にギュッと力を入れて、3秒間、穴に押し付けなさい。

__________2014-01-09_22.21.26

3秒もやれば、穴の跡が、はっきり指に残る。

 板書2を指す。

指示4:

次に、パッと離して、指についた穴の跡が正しい所にあるかどうか確かめなさい。

 始めは、教師が、一人ずつチェックすることも大切である。

指示5:

もし、間違って、ねらいが外れてしまった人は、もう一度、指を少しだけずらしてやり直しなさい。

【手順6 軽くたたく】

指示6:

穴のふさぎ方が分かったので、指慣らしをします。
0はそのままで、1の指だけ、軽く上げ下げしなさい。
その時、ポンポンという音が聞こえれば合格です。

 初めのうちは、動きが、ぎこちない。したがって、なかなかいい音が聞こえない。指に無駄な力が入っていると、音はしないのである。
 だから、音が聞こえそうな感じで、指を速く動かしていれば、合格としてよい。
 以上、まとめると、次のようになる。

【新しい指遣いの指導の手順】
 (1) ふさぐ穴を知る。(指番号で表現)
 (2) 目で確かめ、指でさぐる。
 (3) 強く押し付け、穴の跡を確かめる。
 (4) 軽く指穴をたたく。

 新しい指遣いが出てくるたびに、以上のような手順を繰り返し指導する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド