TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/30 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5341117 更新:2014年01月13日

点字を知り、身近な点字を見つけよう<1時間目>おっとここにも点字が!~電話ボックスで謎の文字発見~(論文の全文)


<1時間目> 「点字」って何?

 T…教師(私)、 C…子どもたち

いきなり、ある言葉を点字(黒丸)で表した紙を見せる。
-● ●- --   
●- ●- -●   
-● -- ●●
 

発問1:

T:「さて、これは何でしょう?」

ちょっと間があいたのち、
C:「ああっ、それ点字じゃ。見たことある。」
多くの子がなるほどとうなずく。

発問2:

T:「どこで見ましたか?」

C:「郵便局に点字の本があった。」
C:「電話ボックスにあったような気がする。」

発問3:

さて、これは何と書いているのでしょう?  

「ええ、わからん!」という声が多数出たところで、
点字50音などを紹介した表を見せ、全員に配布する。
 (TOSS「点字ペン」付属の点字一覧表)
さっそく子どもたちは、解読にかかる。
「こ?」 「い?」 「ん?」
「こいん?」
「『コイン』だ!」

発問4:

T:「この点字は先ほど言われた電話ボックスのある所に書かれていました。
   さて、どこだと思いますか?」

C:「コインってお金のことだから、お金を入れるところだと思います。」
C:「カチャンって、お金を入れる穴の所だと思います。」

発問5:

T:「はい、その通りでした。
   実は、他にも2つの点字がありました。
   さて、これらはどこにあって、何と書いているのでしょうか?
   今から、その電話ボックスに行って、調べて見ましょう。」

Ten3

子どもたちは、上記2つの点字が書かれたプリントと点字一覧表を持って、学校前の電話ボックスへ見に行った。

班ごと順番に、電話ボックスの中をのぞきこみ、まず先ほどの「コイン」の点字を確認していった。
C:「本当にこげえ書いちょん。」
C:「ようこげなん、さわっちわかるなあ。」

順番を待つ子・見終えた子たちは、残り2つの点字を懸命に解読している。
一文字ずつ解読していく作業は、一見面倒そうだが、推理し、発見していく子どもたちの表情はとてもいきいきしていた。

やがて、「わかった!」「やったあ!」という声があがってくる。
そして、電話ボックスの中に再度顔をつっこみ、その点字のありかを確認し、にっこりする。

Ten4

その足で、すぐ近くの郵便局まで行き、そこ(現金支払機など)でも点字を見つけ、解読に励む。
郵便局には、実際に点字で書かれた本もあり、それを指先でさわることもできた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド