TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/25 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133244 更新:2012年12月12日

宇宙の広さを実感させる授業


                     関澤陽子(TOSS群馬アクティブ)

宇宙の大きさを実感させる授業  

発問1:

発問1 これは、何だと思いますか?
 *実物の宇宙食のアイスクリームを何人かに見せる。
  (地元の科学館で、購入したもの。)

説明1:

説明1 これは、アイスクリームなのです。
    だれがどんなところで食べると思いますか?
    これは、スペースシャトルの中で食べる宇宙食なのです。  

発問2:

シャトルの中では、地上と比べてどんなことがちがうと思いますか?
ノートに、書いてみましょう。 (2人ぐらいに聞く。)

説明2:

シャトルの中でエアロビをすると、ふわふわういてしまいます。
(シャトルの中の毛利さんのエアロビの動画を見せる)
なんだか宇宙に行ってみたくなっちゃったでしょう。
では、いっしょに宇宙に行ってみましょう。
地球からはなれていくと、地球は、どんどん小さくなっていきますね。
小さくなって、地球が100cmの玉になったとします。

発問3:

地球がもし100cmの玉だったら、太陽の大きさはどのくらいでしょう?
A 小学校の体育館ぐらい
B 小学校の校庭ぐらい 
C 東京ドームぐらい

Aだと思う人? Bだと思う人?Cだと思う人?

Image6

説明3:

答えは、Cです。
太陽は、このようにとても大きくて、地球の109倍もあります。
地球から太陽までの距離は、12000mもはなれています。
*巻物式の資料を見せながら行う。壁に広げられるように、前もってはっておく。

説明4:

地球から太陽までの距離は、とても長いので、50cmに縮めて考えてみましょう。
すると、みんなの知っている土星や木星などの惑星はどのくらいはなれているのでしょう?
*巻物式の資料を少しずつ見せながら行う。

説明5:

まず、太陽に一番近い惑星は何か知っていますか?  水星ですね。
    水星は、太陽から20cmくらいはなれています。
    次の金星は、36cmはなれています。
    地球は、50cmはなれています。
    火星は、76cmはなれています。
   (教室の壁を使って巻物を伸ばし、貼り付けてながら少しずつ
    火星、木星、土星と見えるようにしていく。)
    木星は、2m60cmはなれています。
    土星は、4m80cmもはなれているのです。

説明6:

地球にもどってきました。では、また100cmの地球です。

発問4:

100cmの地球では、富士山の高さはどのくらいでしょう?

説明7:

地球をこのくらいとすると、富士山はこのように0.3mmになってしまいます。
世界1のエベレスト山でさえ、0.7mmの高さなのです。
(パワーポイントで、図を見せる)

発問5:

地球全部の水の量はどのくらいでしょう?
Aヤクルトの入れ物ぐらい 
Bビールびんぐらい 
Cお酒の1しょうびんぐらい

Aだと思う人? Bだと思う人?Cだと思う人?

説明8:

答えは、Bのビールびんぐらいです。
しかも飲める水、つまり海水でない水となると、
たったのスプーン1ぱい分しかないのです。
100cmの地球では、飛行機は地上から
1mmのところを飛んでいます。
そして、空気は、この1mmのあつさに
へばりついていて、このわずかなすき間でしか、
わたしたち生き物は生きていけないのです。

指示1:

指示 今日の授業で、思ったことを書きなさい。
 *ワークシートに書きこむ。

参考文献「地球がもし100cmの球だったら」永井智哉作


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド