TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/24 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1142203 更新:2012年12月12日

日露戦争(旅順攻略戦)


欧米列強によるアジア支配が進められた時代。
不凍港を求めるロシアは清や朝鮮を侵略し,日本攻略のための準備を着々と整えていた。
 当時のロシアの国力は日本の10倍。兵力も10倍。
戦って勝てる相手ではないが,日本は国としての独立を守るために,敢えて立ち上がる。
多大な犠牲をはらいながらも,日本はかろうじて勝利を収め,
講和条約締結までこぎ着けることができた。 
 本時は,国の存亡をかけた「旅順攻略戦」に焦点を当てる。
「国防」に命を懸けた先人の偉業を子供たちに伝えたい。

指示1:

(●写真「水師営の会見」提示)この写真を見て,気付いたこと,分かったこと,思ったこと等,
どんな些細なことでも構いませんから, ノートに書いてごらんなさい。箇条書きです。時間は,5分。

「帽子をかぶっています。」
「日本刀を持っています。」
「バッジをたくさんつけている人がいます。」
「軍人のようです。」
「日本人が西洋風の服を着ています。」
「ロシアみたいな帽子をかぶっています。」

説明1:

(●テキスト「日露戦争」→「旅順の戦い」提示)
日露戦争の時の写真です。日本はロシアと戦いました。
この写真の場所は旅順です。

説明2:

(●地図「極東」提示)旅順は,ここ遼東半島の先の方にあります。

説明3:

(●資料「下関条約」提示)遼東半島は,下関条約に出てきます。

発問1:

下関条約は,どこの国と結んだ条約でしたか。(清)

発問2:

日本と清が戦った戦争を,何と言いますか。(日清戦争)

指示2:

第2条,○○さん読みましょう。

「第2条 清国は,遼東半島,台湾,澎湖諸島を日本にゆずること」

発問3:

遼東半島は,実際に日本の領土になりましたか。

発問4:

ある国が,遼東半島を日本の領土とすることに反対したのですね。どこの国でしたか。(ロシア)

説明4:

当時の日本は,ロシア軍と戦う力はなかったのですね。遼東半島を清に返しました。
(●地図「旅順」提示)ところが,ロシアは遼東半島の旅順を占領しました。
そして,ここに要塞を築きます。要塞とは,大砲などを備えた,戦争のための建物です。

発問5:

このままロシアの行動が進むと,どうなりますか?(ロシア軍が日本に攻め込んでくる)

説明5:

(●資料「日本とロシアの国力の差」提示)国の大きさも軍隊の力も日本とロシアは比べものになりません。
国の予算も兵の数もロシアは日本の10倍以上。

発問6:

戦争を避けるにはどうすれば良かったでしょうか。

「話し合いをすればよかったと思います。」
「強い国と同盟を結んで,ロシアが遼東半島から出て行くようにさせればいいと思います。」

説明6:

日本はロシアとの話し合いを繰り返し求めました。しかし,ロシアはこれに応じませんでした。
(●地図「竜岩浦(りゅうがんほ),栗九味(りっきゅうみ)」提示)
その間に,ロシアは鉄道を敷き,兵力を朝鮮半島に集めました。
(「竜岩浦」を指し)そして,ここに軍事基地を作りました。
(「栗九味」を指し)さらに,ここも占領しようとしました。

発問7:

日本はどうしたでしょうか。

説明7:

(●アニメ「日本進軍」提示)戦争がはじまりました。世界中の予想に反して,日本軍は勝ち進みました。
そして,旅順を目指します。

発問8:

旅順には,何がありましたか。(港・要塞)

説明8:

(●絵「旅順港」提示)旅順港に,ロシアの軍艦が要塞に守られ,たくさん待機していました。

発問9:

旅順の要塞があると,日本軍はどんな事で困りますか。

「ロシアの軍艦が日本を襲います。」
「ロシアの軍艦が日本の船を襲います。」

説明9:

(●アニメ「兵站攻撃」提示)日本の陸軍も危険にさらされます。食料も弾薬も薬も補給できなくなるからです。

説明10:

(●アニメ「バルチック艦隊の接近」提示)さらに,ロシアのバルチック艦隊が日本を目指して進んできました。

発問10:

バルチック艦隊が日本に到着したら,どうなりますか。(日本が攻撃される)

説明11:

(●アニメ「バルチック艦隊合流」提示)旅順港の軍艦とバルチック艦隊が合流します。
すると,日本の海軍には,勝ち目がなくなります。

説明12:

(●絵「旅順港」提示)バルチック艦隊が到着する前に,旅順の軍艦を全滅させる必要がありました。
そのために,まず陸から要塞を攻撃することになりました。

説明13:

(●資料「日本軍参謀本部の旅順要塞推定兵力」提示)
戦いの計画を立てる人を「参謀」といいます。この参謀本部は,旅順要塞の兵力を次のように考えていました。

  <推定>
兵力 15000人
大砲 200門

説明14:

これに対し,日本が準備した兵力は次の通りです。

  <日本軍>
兵力 50000人
大砲 300門以上

説明15:

戦いの原則として,ふつう要塞を攻めるには,最低でも相手の3倍の兵力が必要とされます。  

発問11:

日本は,旅順の要塞を計画どおりに攻め落とせたでしょうか。
計画どおりに攻め落とせたと思う人?計画どおりにはいかなかったと思う人?

説明16:

実際の旅順要塞の兵力は,次の通りでした。

 <旅順要塞兵力>
兵力 48000人
大砲 600門以上

説明17:

(●写真「旅順の要塞」提示)旅順の要塞です。厚さ2メートルのコンクリートで固められています。
このような要塞が,旅順に何十箇所も築かれました。
ロシアの将軍は,戦争前に次のように言っています。

この要塞は,どんな大軍が来ようと,3年はびくともしない。

説明18:

戦いが始まって六日目には,日本軍の大砲の弾は無くなってしまいます。
日本軍50000人のうち,16000人もの死傷者を出しました。
通常,部隊の3分の1の損害を出したら,全滅と判断されます。
残りの3分の2の怪我をしていない兵士も,病気のようになり,戦う気持ちがほとんどゼロになってしまうからです。

発問12:

日本軍は,戦いを続けたでしょうか。

説明19:

(●アニメ「二〇三高地からの砲撃」提示)多くの犠牲を出しながらも遂に要塞の一部を手に入れます。
そして,その要塞の大砲を使い,旅順港に潜む太平洋艦隊を全滅させました。

説明20:

(●アニメ「旅順陥落」提示)その後,さらに困難な戦いを続け,ようやく日本は旅順要塞を攻め落としました。
5か月かかりました。

説明21:

(●写真「乃木希典」提示)「旅順戦」の大将は,乃木希典将軍です。

説明22:

(●写真「水師営の会見」提示)この方が乃木将軍。その横が,旅順要塞の将軍です。

説明23:

(●写真「外国人記者」提示)写真を撮ったのは外国人の新聞記者です。
日露戦争は世界が注目する戦争でした。ですから,このような記者やカメラマンが戦場に大勢いました。

発問13:

アメリカの映画カメラマンが,乃木将軍にある事をお願いにやって来ました。
この時の日本とロシアの話し合いの様子を撮影したいというお願いです。
乃木将軍は,撮影することを許したでしょうか。許したと思う人?許さなかったと思う人?(理由も発表させる。)

説明24:

乃木将軍は,撮影を許しませんでした。ロシアの将軍に恥をかかせないためです。
この1枚の記念写真のみ許したのです。
この写真は世界中の新聞に配信され,賞賛されたそうです。

発問14:

写真をよく見ると,乃木将軍の心配りがもう一つ見付かります。何でしょうか。

「帽子をかぶらせています。」 
「乃木将軍の隣に,同じ高さで座らせています。」
「日本刀をプレゼントしました。」

説明25:

負けた側の軍人には,普通,刀などの武器を持たせません。
乃木将軍が,刀を持つことを許したのです。
これは,軍人として相手を敬う気持ちを忘れるなという明治天皇のお気持ちでもありました。
“昨日の敵は今日の友”という,和気藹々とした会見だったそうです。

説明26:

(●地図「奉天」提示)旅順を攻め落とした乃木将軍は奉天へ向かいます。
奉天で戦う日本軍と合流するためです。
乃木将軍とその部隊は,ここで大変恐れられ,ロシア軍は大いに乱れて,日本は勝利を得ました。

説明27:

(●資料「ペルシャの新聞の論文」提示)
日露戦争は,有色人種が白色人種に初めて勝った戦争でした。ですから,世界中で反響を呼びました。
ペルシャの新聞記事です。

「強きこと日本の如く,独立を成し遂げること日本の如く。」

説明28:

(●地図「欧米列強による植民地地図」提示)独立とは,自分の力や考えで行動することです。
当時,アジアやアフリカのほとんどの国は,ヨーロッパやアメリカに支配されていたのです。

説明29:

(●資料「孫文の言葉」提示)中国の孫文は,次のように言っています。

「日本がロシアに勝ってから,アジア全体の民族は,ヨーロッパを打ち破ろうと考え,盛んに独立運動を起こしました。
 エジプト,イラン,トルコ,アフガニスタン,アラビア,インドが次々と独立運動を起こしました。
 日本がロシアに勝ったことで,アジア民族が独立の希望をもてるようになったのです。」 

指示3:

今日のお勉強ををノートにまとめておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

〈参考文献〉
◆岡田幹彦『乃木希典』展転社
◆『世界史を変えた日本人の誇り 日露戦争』日本政策研究センター
◆スタンレー・ウォシュバン(目黒真澄訳)『乃木大将と日本人』講談社学術文庫
◆小堀桂一郎『乃木将軍の御生涯とその精神』国書刊行会
◆『いのち燃ゆる -乃木大将の生涯- 』乃木神社
◆上原卓『東郷平八郎』明治図書
◆名越二荒之助『世界に開かれた昭和の戦争記念館 第4巻 大東亜戦争その後』展転社
◆日本を守る国民会議『欧米植民地支配の世界史的展開と大東亜戦争』
◆『新しい歴史教科書』扶桑社
◆『高等学校 最新日本史 教授資料』国書刊行会
◆平塚柾緒『図説 日露戦争』河出書房新社


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド