TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/15 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1629067 更新:2014年01月09日

生活習慣の向上には個別評定が欠かせない


生活習慣の向上は、学力向上にもリンクする。
生活がだらしないと、学習意欲の低下につながり、学習成果がなかなか上がらない。
あいさつがよい、はきものをそろえる、服装が整っている等、何か1つでも、きちんとできていれば1本筋が通るようになる。

例えば、はきものをそろえること1つとっても、向上させることは容易ではない。
なぜか。

生活習慣は、その子が長い時間をかけて身につけてきたものだから。

単純に考えれば、改善するには、同じ時間がかかる。
1年生であれば、7年間。
6年生であれば、12年間というように。

では、どうやって改善を図っていくか。
次のサイクルで行うとよい。

 趣意説明をする → できている子をほめる(個別評定) →意識が高まる → できている子をほめる(個別評定)

大事なのは、できている子をほめる、つまり個別評定をすることである。

子供たちに呼びかけた後、必ず、その話を受けて改善する子がいる。
それを見逃してはいけない。

少しでも改善した子を取り上げ、紹介し、認めることで、広がっていく。
個別に評定することを通して、以下のことを利用するのだ。

集団の教育力

教師だけが指導するより、学級集団の教育力を利用するほうが、効果は大きい。

そして、もっとも大事なのは、個別評定を何度も何度も行うことである。
習慣が改善するには、時間がかかるので、要するに、「我慢比べ」となる。

繰り返しといっても、週1回程度で構わない。
続けることが大事だ。

続けていると、できていない子にいらだってしまいがちである。
でも、あくまでできている子をほめるスタンツに立つべきである。
できていない子には、「次はできるといいね」程度でよい。

続けることで、徐々に習慣化されていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド