TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/16 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111013 更新:2012年12月12日

叱って、褒めて、鉛筆の持ち方を正しくさせよう


我がクラスに、鉛筆を握り締めて書く男の子がいました。
よく見つめていると

正しい持ち方にさせると、酒井式のカタツムリの線のようになるんです。
握り締める書き方だと、そうはならないのです。

だからひらがなを練習した後、その子の字を見ると、鉛筆を握り締めて書いたのか、それとも正しい持ち方だったのかすぐわかるのです。

「あ!また握り締めて書いたな。やりなおし!」

たとえ正しいもち方で下手な字になっても、

「お、これはうまい。とてもいい字だ。ちゃんとしたもちかたでかいたでしょ。」

といって正しいもち方の字に花丸をしてました。
すると、面白いことがおきてきました。
5月にはいって、その子が、正しいもち方で書くことが多くなってきたのです。
しかも、字に変化が現れ、正しいもち方の字が安定した字を書けるようになったので
す。
正しいもち方のほうが書きやすいことを指で感じ出したのです。
周りの子も、
「なんだか、~君字がうまくなってきたよね」
と言います。

直せるのは、一年生の今しかないと思います。
その子が大人になって鉛筆をうまくもてなかったらどうでしょう。
その子のためだと思って、私は戦い?ました。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド