TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2310174 更新:2014年01月09日

子どもが動く指示


 たとえば「助走に気をつけるんですよ。」は、「明確な指示」ではない。そんな指示を出しても、子どもは何もかわらない。
「助走はきれいに走るんですよ」も同じである。これも何も言ってないのに等しい。
(文略:八巻)
「助走はドタバタじゃなくて、スーと走るんだよ。」はかなり良い。子どもの助走はこの言葉によって変化する。
向山洋一著「授業の腕をみがく」明治図書より

子どもが動く指示がある。これは様々な場面で応用できる。

・手をあげさせる時・・・「シャキーンと天井に突き刺さるように手を上げなさい。」
・整列の時・・・「びしっと並びなさい。」
・大股走をさせる時・・・「ポーン、ポーンと走りなさい。」
・バスケットボールのシュート練習の時・・・「ふわっと投げなさい。」
こうすることで子どもたちはイメージが湧くのである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド