TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/18 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8396202 更新:2014年01月08日

1年生授業記録・啓林館「ひき算(2)」早い子が黒板に書く仕組み


3日目、○さんは「自力」で黒板に書けたのである。
私は、「すごい!! ○さん。」と言って握手をした。
 ところで、職員朝会が8分も延びた。
 いきなり、「教科書」から突入する。※「しりとり」の変わりはPC学習。

教科書73P 24題のカード(12-8 13-6 ……)が載っている

(1)教科書を取り出す→50玉ソロバンを配布(34セット・人数分)

①教科書を開けます。→「開けました。」の声。
→「○○と言いなさい。」と言った時だけ、「○○ました。」と言うのです。
★○○なさい。をどのような時に言うのか。確認をすべき時である。
②【12-8】と板書。「12-8と書いてあるカードを押さえなさい。」
③13-6を押さえます。15-9を押さえます。
④○君。次の式は何ですか。→「11-5です。」→「よく見ているな!!」
⑤今日はこの問題を【ノートには】しません。
 50玉ソロバンでします。
 50玉ソロバンを配る人、「いくつです。」と言って、もらいに来ます。
⑥C 「6つです。」→ T 「よく言えた。」と誉め、ソロバンをわたす。

(2)教科書の問題を教師と一緒にする

①12-8の計算を先生と一緒にします。
②「ご破算で願いましては。」→C 玉を端に寄せる。
③12を入れます。(黄玉、10  青玉、2)
●●●●●●●●●● 黄玉
              ●● 青玉
④-8をしてごらん。→ (黄色玉から8ひく)
●●●●●●●●←←←●● 黄玉
              ●● 青玉
⑤答えは?→(黄2・青2 答え4です。)
⑥12-8=4 と 「教科書に」【=4】と書きます。

(3)50玉ソロバンで6題ずつする。→教科書に答えを書く。→教師に持ってくる。

①教科書のここまで(※教科書を指す。)終わったら、先生に持ってきます。
 ★6題ずつ持ってくることになる。
★教科書に答えを書かせるから、24題が終わるのである。
②児童が持ってくる。
◎正解だったら、「えらい!!。次の6題をします。」
×だったら、「間違った問題に×を付ける。→書き直して持ってきなさい。」
    →×を書き直してきた子が○の場合。
       →次の「1題だけしたら持ってきなさい。」
    →×を書き直した子が、また、×の場合。
       →教卓の50玉ソロバンをやらせてみる。
→その後、次の「1題だけしたら持ってきなさい。」
③終わった子は、ノートに2題ずつ問題を書かせる。※空白禁止の原則
④それも終わった子は、その問題に綺麗な花◎を書かせる。
 このようにすると、全員が24題を終了することが出来る。

(4)フラッシュカードで盛り上がって授業を終了する

__________2014-01-08_21.51.13

④テレパシー対戦
「今度は声に出してはいけません。先生に【テレパシー】で答えを送ります。」
 T「8-2」→C「…」→T「○君、早いなあ!!」→C「(^_^)」
 T「3-1」→C「2」→T「言わない。」→C「(^_^)」
 T「6-3」→C「ウッ」→T「なんか 苦しいの?」→C「わっはっは」⑤次は足し算。→「ヤッター」         ※くり下がりのない足し算
 ★「フラッシュカード」を授業の終盤に持ってくるのもなかなか良い。
 ★フラッシュカードをA君に職員室でやらせてみた。すごい。出来る!!


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド