TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3377653 更新:2014年01月09日

各種コンテスト・代表者を決める「クラス予選会」(1事前指導)


高校2年・社会の授業の一環で、弁論大会が開かれる。
ところが、立候補を募ったところ、誰も希望者が居ない。
代表者選出が難航した末、とうとうジャンケンで決めてしまったクラスも過去にはあるらしいが、せっかくのイベントだから、全員が少しでも当事者意識を持ち、「やって良かった」「楽しかった」と思えるようにしたい。

そこで、「弁論大会クラス予選会」を開催することにした。

説明1:

弁論の大会だけれど、これは「人として強くなるチャンス」ととらえてほしい。
人前でしゃべるのは緊張するよね。だから鍛えられるんだ。

指示1:

一人ずつ教壇まで来て、1秒だけ全体を見てもらいます。○○君から、列順にどうぞ。
(なかなか、1秒じっと立つということができない。)

説明2:

今、立つだけでも大変だったでしょう。それが「場に負ける」ということです。「場に負けない」ための練習です。

指示2:

今度は、先ほどと同じようにして、何か喋ってもらいます。特に思いつかない人は「こんにちは」でいいですよ。
(やらせる。しかし、目線が下がる、声が落ちる…。かろうじて出来ている子を取り上げて、「○○さんのようににやるんだよ。」とコメント。)

男子を後半に置いておいたのが功を奏し、中盤から盛り上がってきた。
モノマネを始める者、「リクエストはありますか?」と聞いてしまうもの、…
最後の列は、黒板を使って「あいうえお作文」をする始末。
(一見余裕にも見えるが、目線は黒板を見てしまっていた。実は場に負けている。)

「動き」を入れることができ、かつ楽しく盛り上げることができた。

説明3:

前に立つ大変さは分かったでしょう。だからこそ、みんなに挑戦して欲しいのです。
そこで突然ですが…「坂本杯・弁論大会高2B予選会」を明日開催します。
30秒程度のスピーチを用意してきて、前で喋ってもらいます。
趣味の話とか、ちょっとしたスピーチで構いません。

そして学級通信で評定基準を示し、帰りのHRで配った。

1 聴衆の前で自然に立てる  5点
2 声が自然に出ている    5点      
3 芸術点          +∞

要は、授業技量検定・F表みたいなものだ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド