TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/16 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3729394 更新:2012年11月07日

「葉」の数え方


準備物
  パソコンとプロジェクター
  実物を使う場合
   くるみの葉 もみじの葉 かきの葉 さんしょうの葉 など

1 簡単な問題で引き込む
 一枚の写真(あるいは本物の葉1枚)を提示する。

Kaqui3

発問1:

葉っぱは何枚ですか。

2 変化のあるくり返しで全員を巻き込む
 さらに余計な言葉を入れないで問う。

Image

発問2:

葉っぱは何枚ですか。

さらに問う。

Image1

発問3:

葉っぱは何枚ですか。

Image2

発問4:

葉っぱは何枚ですか。

3 くるみの葉は、何枚と数えるのか
 メイン発問である。

発問5:

くるみの葉です。葉っぱは何枚ですか。

Image3

 ここから大切なことは、それぞれの理由を書かせることである。
 理由を発表させるのだが、すぐに発表させてはいけない。2分以上、時間をとる。
 すぐに発表できない子も書けば発表できる。発表したくて仕方がない子もうずうずしてくる。
 だから、教室が熱中状態になる。
4 発表、そして討論へ
 人数が少ない意見から発表させる。まだ、質問や反対意見は言わせない。
 意見が出そろったところで、討論に入る。

5 答えは?
 次々に写真(本物)を提示する。

Nana
Momiji
Sansyo

 これらは、すべて「1枚」と数えます。秋に落ち葉になるときに、この状態で落ちるのです。
 くるみは・・・あの写真の状態で落ちます。あれで「1枚」と数えます。

 少数派が正解する逆転現象がこの授業の醍醐味である。
 しかし、間違えていた子どもたちも、たくさん意見が言えて満足できる授業でもある。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド