TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/11 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5265923 更新:2014年01月02日

低炭素社会を実現しよう


第1画面 ヒートポンプで省エネ表紙。

発問1:

みんなで読みましょう。

ヒートポンプで省エネ。

説明1:

今日は環境にやさしいしくみヒートポンプについてお勉強します。

発問2:

○○さんの家では、どうやって部屋を暖めていますか。

ストーブ。

説明2:

これまではストーブのように燃料を直接燃やして部屋を暖めていました。
ヒートポンプはたくさんある空気の熱をもらうので燃料がとても少なくてすみます。

説明3:

今日はヒートポンプのしくみがわかる実験道具を持ってきました。
実験してみましょう
(温度計と風船が入ったペットボトル。
フィズキーパーのキャップつき)
ヒートポンプの実験キットはヒートポンプ蓄熱センターのHPで注文することができる。

発問3:

今何度ですか。

説明4:

キャップをぷしゅぷしゅっとして、ボトルの中に空気を送ります。
風船がどんどんしぼんでいますね。中の圧力が上がっています。
ボトルの中の圧力が上がるとボトルの中の空気の温度が上がります。

発問4:

何度ですか。

説明5:

少し温度が上がりました。

説明6:

今度は一気にキャップを開けると中の圧力が下がり、温度も下がります。
キャップを開けてください。風船がもとの大きさにもどります。

発問5:

温度は何度ですか。

説明7:

少し温度が下がりましたね。

第2画面 ヒートポンプのしくみ

説明8:

ヒートポンプの図です。パイプの中に冷たい液体が入っています。
空気の熱をもらってこの液体を暖めると液体は蒸発。
圧力をかけてさらに温度を上げます。
その熱でお湯や空気を暖めます。
圧力を下げると外の気温より温度が下がります。

第3画面 ストーブとヒートポンプの熱効率の比較

説明9:

ヒートポンプは空気の熱をもらっているので、ストーブと同じ量の燃料で3倍以上温めることができます。

第4画面 熊本の図

説明10:

空気の熱をもらうので、温暖化対策にもいいですね。

発問6:

このような便利なヒートポンプをあなただったらどのようなものに使ってみたいですか。
ノートに書きましょう。(あてる。)

第5画面 家電の写真

説明11:

電気屋さんに行くとみなさんが考えたようにヒートポンプを使った製品がたくさん売ってあります。
次に電化製品を買い替えるときは、ヒートポンプを使った製品を探してみてください。
環境に優しい仕組みとアイディアで、地球を守る暮らしを工夫しましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド