TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/26 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3274815 更新:2014年01月02日

【国語辞典指導ステップ3】「辞書引き」


国語辞典の仕組みが分かったら、調べたい言葉を素早く見つける力をつけたい。
私の学級では、国語で毎時間5分「辞書引き競争」を行っている。

「辞書引き競争」は、教師が「いぬ(犬)」と言ったら、子ども達が国語辞典で「いぬ(犬)」を探すのである。
見つけた子は立ち、教師は「一番」「二番」と順番をつけていく。
私は、クラスの三分の一が見つけたら終了している。
全員が見つけるまでやると、早く見つけた子は何もすることがなくなり、教室が騒々しくなってしまうからだ。
慣れてきたら、一番の子にお題を出させるとさらに子どものやる気が増す。

単純だが、子どもたちは熱中する。
一年間続けると、どの子も素早く見つけることができるようになった。
早い子は五秒で探せるようになった。
継続は力なりである


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド