TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2412167 更新:2012年12月12日

What's this? It's 〜.


1 対象学年  5年生

2 主題  これは、なんですか

3 メインダイアローグ  What's this? It's ~.

4 新出単語  lion, panda, monkey

5 対応する英語ノートの箇所  英語ノート1 p44,45「What's this?」のページ
                「What's this?」の導入として、英語ノートを扱う前に行う。

6 準備  パソコン(またはフラッシュカード),英語ノート1コンテンツ

6 展開

 (1) 単語練習(2,1,0の法則で行う)
     panda, lion, monkey
 
 (2) 状況設定
     ① 「T2,Come on.」と担任が言い、T2を前に呼ぶ。
     ② 動物園の画像を出す。
       「It's zoo. Let's go.」と担任が言い、T2と歩くマネをする。
     ③ 岩で、体の2/3が隠れたパンダの画像を出す。
       担任が悩んだ様子でゆっくりと、「What's this?」と画像を指さしながら、T2に問う。
     ④ 少し悩んだあと、T2が、隠れていない方を指差す。
       「Let's go!」と言って、2人で指さした方へ歩くマネをする。
       岩がアニメーションで動いていく。
       
     ⑤ 岩が全部移動したら、
       「It's a panda.」とT2がゆっくり言う。
     ⑥ 「It's a panda.」と口頭練習を行う。
     ⑦ 同様の流れで、lionとmonkeyを行う。
       隠す物は、草や木など、動物に合わせて変化させる。
 
 (3) ダイアローグ練習
     ① 答え方を教師の後に続いて練習する。
       「It's a panda.」「It's a lion.」「It's a monkey.」
     ② 教師が尋ね、子どもが答える。
       「What's this?」「It's a panda.」…
     ③ 子どもが尋ね、教師が答える。
       「What's this?」「It's a panda.」…
     ④ 子どもをAグループとBグループにわけ、対話させる。
     ⑤ 3人指名し、答えさせる。
       最後の1人は、アクティビティの見本となるように、「Hallo!」から始める。
       スイッチして、子どもにも同じように対話させる。
 
 (4) アクティビティ 
     ① ダイアローグ練習の⑤の続きで行う。
       子どもを指名して、行う。
       「Hello.」「Hello.」
       「What's this?」「It's ~.」
       「What's this?」「It's ~.」
       「Goog bye.」「Goog bye.」
     ② 3人と会話したら席に着くように指示する。
     ③ 見本になる子たちや最後まで残った子たちを前に来させ、会話させる。

 (5) 英語ノート
     ① 英語ノートに出てくる新出単語を練習する。
     ② 英語ノートp44,45のコンテンツ画面を出す。
     ③ 「What's this?」は既に学習しているので、すぐに尋ねていく。
       ただし、英語ノートの画面は、たくさんの情報(絵)がある。
       そのため、尋ねたいもの以外を隠しておくと、子どもが混乱しづらいと思われる。
   

7 引用・参考文献
 ・ 『珠玉のダイアローグ66・77アクティビティ集』渡邉憲昭 野網佐恵美 東京教育技術研究所
 ・ 『子どもが話せるTOSS型英会話指導』向山浩子 東京教育技術研究所
 ・ 『ALTと行う小学校英会話の授業―指導案集―』向山洋一 東京教育技術研究所


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド