TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/20 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4401201 更新:2014年01月01日

のこぎり引きの指導(スパイラル型)


(1)「引き始め」のみの「パフォーマンステスト」

けがき線からずれないように、のこぎりのもと部分で引き溝を作る。生徒たちにとり、ここが一番難易度が高いと考えられる。
そこで、その部分のみに「限定」して、作業を行わせた。
この作業を生徒たちには「パフォーマンステスト」と言っている。
・板を1枚。万力で固定する。
 ・こば面に10mm感覚で赤線を引いておく。
 ・一人ずつ、5mm程度、切り込む。
 ・一人ずつ「合格」させていく。
 ・合格した生徒は、名簿にシールを貼る。

Image
(2)「まっすぐに引く」ことを習得させる

板を4枚重ねる。一番奥に(1)で行った切り込みを入れた板を置く。これを「のこぎり引き矯正治具」と名付ける。
ある程度厚みができるので、のこ刃をまっすぐに動かさないと、途中で引っかかってしまう。
以下のことに気をつけさせる。
 ・おへそに向かって真っ直ぐに引く。
 ・頭の位置に気をつける。
 ・「刃わたり」をいっぱいに使う。
 ・力は入れない。軽く動かす方がきれいに切れる。
 一人あたり2分程度作業させて、出来ていない生徒は、個別指導をした後に合格させる。

Image2
Image3
(3)パフォーマンステストをおこなうことの利点

授業が重い(停滞している)ときに「教師のところに来させる」(身体を動かす)ことにより、授業に活気が生まれる。
 ADHD傾向の生徒が落ち着きがなくなる。こういった場合でも身体を動かす作業を間に入れることにより、脳の満足度があがり、落ち着く場合も多い。
「テストです」と言っても来ない(反抗的・無気力な)生徒がいる。こういった場合も、班で来させると、一緒に来ることが多い。「集団の教育力」を応用した例である。
テストを受けさせることができれば、個別にほめることが出来る。
ほめることを繰り返すことにより、自己肯定感が向上してくると、それからの指導がしやすくなる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド