TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/30 現在)

21420
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3505752 更新:2013年12月31日

ひとり分のエネルギーは電球1個分


 私たちはエネルギーを消費しながら生活をしている。
 しかし、どのくらいのエネルギーなのか、具体的な数値として把握できない。
 そこで、人が一日に使うエネルギーを単位として、生活の中にあるエネルギーを具体的に提示する。

発問1:

長さの単位は1mですが、これはどのくらいの長さですか。

  子どもたちが、自分の手の幅を使って表現しようとする。

説明1:

手を使って表すと分かりやすいでしょ。昔は両腕を広げたくらいの長さを「1ひろ」と言っていました。
1mの「メートル」は地球の大きさをもとにした長さです。

  イギリスは片腕を伸ばした長さを「1ヤード」としていた。
  中国では、両腕を「尋」その2倍を「常」としていた。通常のことを「尋常」というのは、ここからついた。

説明2:

私たちが1日に生きていくために、これだけのエネルギーが必要だと言われています。
それは2000kcalです。
しかし、よく分からない単位なので、1ポイントとしておきましょう。

  だいたい100ワットの電球を1日つけたエネルギーと同じである。
  焼酎1升も同じ2000k calである。

説明3:

私たちが生活するのに必要なエネルギーを電球に換算してみましょう。

  ・携帯電話0.05ポイント
  ・パソコン0.5ポイント
  ・待機電力0.5ポイント
  ・ビール0.07ポイント(アルミ缶は0.18ポイント)

発問2:

次の3つの乗り物のうち、使うエネルギーの少ないものから並べてごらんなさい。
  1 自動車  2電車 3飛行機

 答えは 2電車 3飛行機 1自動車である。

 松尾芭蕉の奥の細道の旅も江戸時代は180ポイントである。(すべて歩いたので)

  私たちの生活をこのポイントで考えてみましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド