TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7586061 更新:2014年01月01日

中学地理・「情報を読む力」を育てる授業4 エネルギーにも質がある 質の低い電力では日本を支えられない


発問1:

「瞬断」という言葉を聞いたことがある人はいますか。

平成22年12月、中部電力管内で0.07秒の「瞬断」が起きた。
四日市火力発電所の変電設備のスイッチの不具合が原因といわれている。ごくわずかな時間、電圧が低下したのだ。でも、
これは停電ではない。家庭で生活する限り、まったく問題がない。
しかし、これが精密機械を扱う工場では大事件である。
東芝四日市工場では、フラッシュメモリ製造工場のクリーンルームの空調設備が停止した。半導体工場は精密な製造装置が多く、電圧が安定した質の高い電気が欠かせない。このため、落雷などで電圧が変動した影響を製造装置に伝えないように「UPS」(無停電電源装置)を備えるのが一般的だ。四日市工場もUPSを付けていたが、クリーンルームの空調設備が停止した。電圧低下の落ち幅が想定よりも大きく、対応しきれなかったのだ。
半導体製造では、ほこり一つない状態が必要だ。
いったん止まると設備の洗浄や製造途中の半製品の撤去、 設備の点検を経ないと再開できない。

発問2:

工場の損失額は何円だと思いますか。

工場の損失は100億円以上といわれている。
電気にも質がある。これは、海外に行ったらよく分かる。中国を旅行した際、1日に何度も停電を経験した。5分ほどで復旧したのだが、その間、ものすごく不安になったことを覚えている。

発問3:

なぜ円高にもかかわらず、多くの製造業者が海外に工場を移転しなかったのですか。
その理由を予想しなさい。

電気にも質がある。
これは、海外に行ったらよく分かる。中国を旅行した際、1日に何度も停電を経験した。5分ほどで復旧したのだが、その間、ものすごく不安になったことを覚えている。
日本には最高品質の電力がある、だから、電気代が高くても、円高であっても企業は国内での生産にこだわった。
東日本大震災後、自然エネルギーへの関心が高まっている。素晴らしいことであり、今後も力を入れて取り組んでいくべきだ。
しかし、現段階では、自然エネルギーは質の低い電力であることを認識しておかなければならない。

発問4:

自然エネルギーのデメリットは何ですか。
ノートに箇条書きしなさい。

3分後、発表させた。
太陽光や風力などは天候に左右される。
こうした質の低い電力を原子力・火力・水力で発電した電力とミックスすると、「瞬断」が頻繁に起きるというリスクが高まる。企業にとっては死活問題である。
「産業の空洞化」を加速させることになるだろう。
こうし事実を多くの国民は知らない。

発問5:

エネルギーは国家の根幹に関わる問題であす。
国家と国家の利害の対立にもなります。
過去、エネルギーを巡ってたくさんの戦争が起きました。
それは何ですか。

太平洋戦争も、エネルギーを巡る戦争だった。
湾岸戦争もそうだった。尖閣諸島も海底油田を巡る対立である。
冷戦が終わった今、エネルギーを巡る国際対立が戦争に発展する危険性が増している。

指示1:

感想を発表しなさい。

現在、日本の危機であることは間違いない。日本の未来がかかっているだけに「産業の空洞化」は避けなければならない。
日本は“ものづくり”で成長してきた国だ。それは世界一安定した電力があったからだ。円高という逆風も、安定した電力があったからはねのけることができた。
間もなく、日本の原子力発電所がストップしている。その意味を冷静に考えなければならない。
エネルギーに関して、さまざまな意見があり、さまざまな主張がある。
だが、「○か、×か?」という二者択一で解決できる問題ではない。
100%安全で、安心なエネルギーなどない。
日本という「大きな枠組み」の中で、日本の未来を考えてエネルギー問題を議論することが必要だ。
教育が果たす役割はますます大きくなっている。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド