TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/17 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7552611 更新:2013年12月27日

スペースデブリに対する日本の取り組み


発問1:

スペースシャトルの燃料タンク。切り離された後、どうなると思いますか。

発問2:

使い終わった衛星。このあとどうなると思いますか。

発問3:

宇宙飛行士が落としてしまったネジ。このあとどうなると思いますか。

説明1:

このように宇宙に放置されてしまったものを「スペースデブリ」といいます。
スペースデブリは、地球の周りをぐるぐると回っています。

発問4:

スペースデブリは100mを何秒のスピードでまわっていると思いますか?

説明2:

正解は0.01秒です。新幹線の約100倍の速さです。

指示1:

みんな「オッケー」のサインをしてください。

発問5:

これくらいの大きさのスペースデブリがもし人工衛星にぶつかったら、どうなると思いますか?

指示2:

ここに実験映像があります。見てみましょう。

発問6:

人工衛星はどうなりましたか?

説明3:

これほどの威力を持つスペースデブリが地球の周りにこんなにたくさん存在しているのです。

発問7:

どう思いますか?

説明4:

世界の宇宙開発者はなんとかしてスペースデブリを取り除こうと考えました。

発問8:

みなさんだったら、どうやって取り除きますか?
お隣同士で相談。

説明5:

日本の開発者はこんなことを考えました。
ロボットでつかまえてしまう。投網のようなものでつかまえる。そして、発泡スチロールで捕まえる。

発問9:

日本の開発者の考えは、実現可能だと思いますか。それとも不可能だと思いますか。

説明6:

現在日本では、みなさんが考えたようなアイデアを実行に移すために、世界初のスペースデブリ対策の施設を、
世界最高峰の技術で作り、研究を進めています。
宇宙開発に取り組んできた人類にとってスペースデブリへの対策は、いわば責任です。
その責任を果たすため、行動に移しているのが私たちに住む国、日本なのです。

参考文献
・『宇宙のゴミ問題‐スペースデブリ‐』 八坂哲雄著 裳華房
・『宇宙を開く 産業を拓く』 JAXA
・『宇宙授業』 中川人司 サンクチュアリ出版 
・『宇宙「96%の謎」宇宙の誕生と脅威の未来像』 佐藤勝彦 角川ソフィア文庫
・『人工衛星の“なぜ”を科学する』 NEC「人工衛星」プロジェクトチーム アーク出版
・『宇宙技術入門』 高畑文雄、森英彦、池内了、輿石馨、戸田勧、新田慶治共著 オーム社
・『小惑星衝突~最悪のシナリオをいかに回避するか~』 スペースガード協会著 ニュートンプレス
・『壺のなかの宇宙 現代物理の最先端が解く宇宙創世の謎』佐藤勝彦 二見書房
・『宇宙「96%の謎」宇宙の誕生と脅威の未来像』 佐藤勝彦 角川ソフィア文庫
・『宇宙はなぜこんなにうまくできているのか』 村山斉 集英社インターナショナル
・JAXA 宇宙航空研究開発機構HP http://www.jaxa.jp/
・高校生のための「超」教養講座No.20 「スペースデブリがもたらす脅威」~宇宙はゴミであふれている~  http://kyoyo.wao.ne.jp/


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド