TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9621587 更新:2013年12月24日

3年啓林館「小数」全発問・全指示2


1.前時の復習をする

<板書>
3mm=( )cm

指示1:

ノートにこの問題を解きます。
できたらノートを持ってらっしゃい。

1番に正解した子に板書させた。
全員持って来させて、番号をつけた。

続いて次の問題を出した。

1.9L=( )L( )dL

これはできた子に発表させて答え合わせをした。

更に2問。
5cm3mm( )cm
4.8L=( )L( )dL
速くできた子に板書させた。

時間調整のため、速く書けた子に読ませた。

2.□2で2つの基本型を教える

(1)「あわせた問題」の基本型

指示2:

71ページ。「2、小数の大きさ」
□1を読みます。「2.3は、1を何こと0.1を何こあわせた数ですか」(2.3は、1を何こと0.1を何こあわせた数ですか)
これをこう書きます。

指示3:

「2.3は」と書きます。

指示4:

これは「1を何こと0.1を何こあわせた数ですか」という「あわせた問題」です
「1を」と縦を揃えて書きなさい。

発問1:

1を何個ですか?(2個です)
※「1」の上の2を指さすとわかりやすい。
「2こ」と書きなさい。

指示5:

次。「0.1を」続き、自分で書いてごらん。(3こです)

指示6:

下に「あわせた数」と書きなさい。

<板書>
2.3は
1  を2こ
0.1を3こ
あわせた数

書けた子に読ませて時間調整をした。
隣同士で確認もさせた。

(2)「集めた問題」の基本型

指示7:

問題の続きを読みます。
「また、2.3は、0.1を何こ集めた数ですか」(また、2.3は、0.1を何こ集めた数ですか)

発問2:

答え、わかる人?(23個です)

指示8:

これをこう書きます。
「23は」と書きなさい。
「0.1を」と書きなさい。
上を見れば、何個かわかります。続きを書きなさい。(23こです)
下に「集めた数」と書きなさい。

<板書>
2.3は
0.1を23こ
集めた数

こちらも速く書けた子に読ませて時間調整。
隣同士でも読み合わせた。

3.□1と同タイプの○4を先に解く

指示9:

練習問題を解きます。4番です。4番に指を置きなさい。
「3.8は、1を何こと0.1を何こあわせた数ですか。また、3.8は、0.1を何こ集めた数ですか」
今と同じ方法で書きなさい。

両方できたら持って来させた。これはノートチェックをしたかったためである。
位がずれている→「ずれています」
「あわせた数」「集めた数」を続けて書いている→「書き方がちょっと違います」
「3こ」「8こ」「38こ」を改行して書いている→「惜しい!行が違う」
「あわせた数」と「集めた数」が間違っている→「これはあわせた問題(集めた問題)じゃない!」

両方とも正解の子先着8人に板書させた。
そこに入らなかった子には「花丸を描いていなさい」と指示。
黒板がうまったところで答え合わせ。花丸やチョウチョを描かせた。
それでもなかなか正しく書けない子が3名。
この子たちが追い付くために、読ませたり、隣同士で言わせたりした。

4.○3を解く

指示10:

次に3番を解きます。問題を読みます。
「0.1を28こ集めた数をかきましょう」(0.1を28こ集めた数をかきましょう)

指示11:

これは「集めた問題」です。
書く順番がちょっと違う。でも、基本は同じです。やってごらん。

教師もすぐに正解を板書。「前を見ていいよ」と。
まず、
「0.1を28こ」を板書。
その次に、「0.1」の上に「28」を書く。
そして最後に小数点。
「2.8」の右に「は」を書いて終了。
各順番が□1と違う。でも、ほとんどの子ができていた。

先生問題で習熟を図った。
①0.1を47個集めた数
②0.1を55個集めた数

4.□2を解く

指示12:

□2にいきます。
「下の数直線で、○ア、○イ、○ウにあたる数をかきましょう」
ノートに○アにあたる数を書きなさい。○アができたら持ってらっしゃい。

これは○アができれば後はできる。
子どもたちが持って来る前に数直線を板書。
全員の○アに○をつけた後、その数直線を使って答えを発表していった。

説明1:

0に指を置いて。
0.1。0.2。指を置いていない人がいる!
0.3、0.4。ここに○アがある。だから、○アは0.4です。

続きも同じように指を動かさせた。

指示13:

これも「また問題」です。
「また、0.7、1.5を上の数直線に表し、数の大きさをくらべましょう」
0.7に下から矢印を書きなさい。

板書した数直線を使って答え合わせ。

発問3:

大きい数はどちらですか?さんはいで、その数を言います。さんはい。(1.5です)

指示14:

ノートにこう書きなさい。

<板書>
0.7<1.5

5.○5を解く

指示15:

「次の数の大小を、不等号を使って式にかきましょう」
今のように書きます。○イまでできたら持って来なさい。

全問終えた先着8人に板書させて答え合わせ。全員が全問正解だった。

計算スキルをやって終了。

《先行実践》2012年4月向山型算数セミナー、河田孝文氏模擬授業/「向山型算数教え方教室2012年6月」河田孝文氏論文


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド