TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/19 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111358 更新:2013年12月01日

1年生初めての五色百人一首・40分間を使って


1.はじめるまで

指示1:

机を向かい合わせる。(全チーム同じ向きで)

 隣との間をあけるよう指導する。

指示2:

廊下側の人、百人一首を取りに来なさい。

指示3:

廊下側の人、水色の札を出しなさい。またふたをして、机の下に置きます。

指示4:

窓側の人、10枚ずつ札を分けなさい。

 「ここはかしこいなあ。だいたい半分にして1人ずつ数えてるんだ。」(CDより)

指示5:

カードを並べます。5枚ずづ2段に並べます。(並べ方を板書)

指示6:

カードは相手に近い机のはじの所で並べます。

2.基本ルールを教える

指示7:

試合をする人と握手をします。

指示8:

百人一首をゆっくり読みます。先生が今から2回読むところを取るのですよ。

 歴史的仮名遣いでよむ。→ex.けふここのへに・・

 「さびしさにやどをたちいでてながむれば いづこもおなじあきのゆふぐれ」

指示9:

いづこ というのを取ります。

 「いづこもおなじあきのゆふぐれ」 

 「いづこもおなじあきのゆふぐれ」   (CDより)

指示10:

6番と裏に書いてあるか見てご覧なさい。(黒板に6番と書く。終わるたびに番号を板書する。)

指示11:

取った札は裏にして左はしに置きます。

 「あしびきのやまどりのをのしだりをの ながながしよをひとりかもねむ」

 「ながながしよを」

 「ながながしよをひとりかもねむ」   (CDより)

指示12:

取る時は、元気に「はい」と言います。

 「おくやまにもみぢふみわけなくしかの こゑきくときぞあきはかなしき」

 「こゑのゑがるみたいな字です。」

 「こゑきくときぞあきはかなしき」   (CDより)

指示13:

先生に声が聞こえる人は、お手つきとして、取った札の中から1枚札を出してもらいます。

 「めぐりあひてみしやそれともわかぬまに くもがくれにしよはのつきかな」

 「くもがくれにしよはのつきかな」「くもがくれにしよはのつきかな」   (CDより)

指示14:

同時だったらば、手が下にある方が勝ちです。どちらが早いかわからない時はじゃんけんをします。

 「きみがためおしからざりしいのちさへ ながくもがなとおもひけるかな」

 「ながくもがなとおもひけるかな」   (CDより)

指示15:

手を空中でぶらぶらさせるのはだめです。机の両はじにおいて置きます。

 「ありあけのつれなくみえしわかれより あかつきばかりうきものはなし」

 「あかつきばかりうきものはなし」   (CDより)

指示16:

札はお互いに近い方に、こう真中にやりなさい。お互い様ですから。(常に相手側には5枚並べておくように指示する。)

 *指示はその場に応じて何度も入れる。

 場にカルタを2枚残して終わる。

指示17:

はい、そこまでです。取った枚数を数えてご覧なさい。

指示18:

0枚だった人?1枚?2枚?と聞いていく。

 ☆勝った人には紙テープの輪をかける。

3.試合後相手を変える。

指示19:

札を全部机の上に置きなさい。(☆置いた人はばんざいをしてもらうなどしっかり確認する。)

指示20:

勝った人立ちなさい。黒板側に1つ動きます。(個別指導に歩く。まだ座らせない。)

指示21:

負けた人立ちなさい。教室の後ろ側に1つ動きなさい。(個別指導に歩く。まだ座らせない。)

指示22:

動き終わって場所が決まったら、勝った人も負けた人も座ります。

 この動きは慣れるまでスムーズにいかない。

実践後の感想

事前に何度も読み返して、1回目の指導に臨みました。この指導法があったので、ほんの少し自信を持って指導をすることができました。

取った札の番号を板書する方法は、予想通りとても素晴らしい方法でした。先生これでいいの?に答える負担が全くなく、その分他のことに気を配ることができました。

ただ、「3.試合後相手を変える。」指導はできませんでした。

時間の不足ではなく、そこまで一気に指導する気持ちの余裕がなくて、私は、できませんでした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド