TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/19 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5888737 更新:2013年11月30日

得点ドッジボール


【準備物】
 ☆タイマー
 ☆得点板

体育館の真ん中のラインに子どもを集める。次の指示を出す。

指示1:

得点ドッジボールをします。得点の多い方が勝ちとなるドッジボールです。 

説明1:

ルールを確認します。
       ① 外野は3人で内野に戻れません。内野の人は当てられても内野のままです。
       ②  内野の人がノーバウンドでボールをとったら2点。
          外野の人が当てたら、2点、内野の人が当てたら1点とします。
       ③  5分後に得点の多いチームの勝ちです。

※得点板は、ドッジボールのコートのセンターラインの延長線上に置く。

  次のいずれかの方法で得点板をめくる。

  ①審判(担任)がめくる。

  ②ボールをとったり当てたりした子が得点板の所に行きめくる。このとき内野の子は無敵状態とする。

発問1:

ルールを変えた方がいいと思うところはありませんか。

子どもたちの意見を聞き、それに対する新ルールを作り、必ず全員で確認をする。

子どもたちから実際に出た意見
 ・「勝っているとボールを投げないで、持ったまま終わろうとします。」

  →「3秒以内に投げる」というルールを作った。3秒の判断は、審判(担任)が行う。

 ・「パスを回して時間をかせごうとしてずるいです。」

  →3秒以内に相手に向かって投げるというルールを作った。判断は審判が行う。

ルール変更のポイント
教師の側から「めったにボールをとらない(あてられない)子がボールをとったら(あてたら)5点にしていいですか。」と聞いてみてもよい。
ルール(得点のおもみ)は、「ボールを投げるようにさせたい」「ボールをとらせるようにさせたい」と教師が意図したものにさせていくのもよい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド