TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7838700 更新:2013年12月01日

算数科 5年生 「2,小数とその計算」(かけ算) 第4時(啓林館)


 小数を一度整数に置き換え、計算する授業

○5/12(金)
4時間目の授業。(啓林館 教科書23ページの3番~24ページである。)
日付、ページ、③を書かせた後、

指示1:

『教科書の23ページを開けなさい。』
『③を読みます。さんはい。』

子どもが、問題を読んだら、
『この問題のことばの式を考えます。その前に22ページの
 ことばの式を読みなさい。』 「1mのねだん×長さ=代金」
『この問題での1mのねだんに当たる言葉は何ですか。』「1kgのねだんです。」
『そうそのとおり。賢いね。では先生が黒板に書くとおりにノートに写しなさい。』
ここで次のように板書する。

板書 1kgのねだん

続いて
『1kgのねだんの次に来るのは何ですか。』 「重さです。」
『最後は』                     「代金です。」
『重さ、代金を1kgのねだんの続きに写しなさい。』
『もう一度、教科書③を読みましょう。』
問題の・・・何円になるでしょう。の所まで読むと一度止めて       
『1kgのねだんに当たる数はいくつですか。』 「5000円です。」
このとき、すぐに 1kgのねだん の下に5000円と書き、子どもに写させる。
次に『重さはいくつですか。』 「0.4kgです。」
『式を言いなさい。』 「5000×0.4です。」
すぐ写させる。
『もう一度、教科書③を読みましょう。』
今度は最後まで読ませる。
『もう一問あります。1kgのねだんに当たる数はいくつですか。』
「4000円です。」
『重さはいくつですか。』 「0.4kgです。」
『式を言いなさい。』          
「4000×0.4です。」 ことばの式の下にノートに書かせる。
『教科書24ページを開けなさい。』         
『24ページを読みなさい。』
アの下のニコニコマークの所まで読めたら
『1mの重さが1.2kgの鉄のぼう2mの重さを求める式を言いなさい。』                             「1.2×2です。」
『1mの重さが1.2kgの鉄のぼう3mの重さを求める式を言いなさい。』                             「1.2×3です。」
『念のために1mの重さが1.2kgの鉄のぼう8mの重さを求める
 式を言いなさい。』  「1.2×8です。」
『では、1mの重さが1.2kgの鉄のぼう0.8mの重さを求める
 式を言いなさい。』  「1.2×0.8です。」
『1.2×0.8の続きがわかる人。』 「は~い。」
『どうしてわかるの。』 「教科書に書いています。」
『ではその部分をノートにそっくりそのまま写しなさい。』 
『できたら持っていらっしゃい。』
ここで、説明。本当は説明しなくてもわかればいいのだが、
私の力量ではここで説明が必要になってしまった。
次の板書をして

1.2×0.8=1.2×8÷10

『1.2は右と左で変わっていますか。』 「変わっていない。」
『0.8は右と左で変わっていますか。』 「変わっている。」
『0.8にはお皿が一つついています。だから÷10になっています。』
『では0.08なら÷いくつですか。』 「100です。」
『念のために0.008なら÷いくつですか。』 「1000です。」
『⑤を読みましょう。』
ここで、1.2×0.04と板書する。
『この続きがわかる人。』 「は~い。」
『どうしてわかるの。』 「教科書に書いています。」
『ではその部分をノートにそっくりそのまま写しなさい。』 
『できたら持っていらっしゃい。』
『⑥をします。その前に先生が1番はじめの問題を黒板にします。』
『みんなは写して、先生がやったとおり残りの3つの問題をしなさい。』
『できたら持っていらっしゃい。』
できた順に6名黒板に書かせる。それ以外にできた子には、
『前に書かれるまで持っていらっしゃい。』
前に書かれたら、写すように指示した。
できた人は、花マル。できていない子は前を写すように指示。
できた人から残りの4つの問題を先ほどのやり方と同じように行わせた。
最後に計算スキル9をして終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド