TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/18 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9846957 更新:2013年11月30日

「てんとうむし」(第3時)


第3時 「ぼく」とは誰か 10月15日(火)

 漢字スキル7番左ページ。

 「てんとうむし」は、前時の続き。

発問1:

「ぼく」とは誰のことですか。

 まず、「ぞう」というのはすぐに違うと確認された。
 残るは、「自分(読み手)」か「てんとうむしか」になる。

 指名なし発表をさせる。
 「自分」派から「じぶんのことを『いっぴきでもてんとうむしだよ』と言うのはおかしい」という意見が出された。
 でも、自分で「ぼくは、人間だよ。」という時もある。
 また、「てんとうむしの言葉」と言っているのだから話せるのはてんとうむしだ。
 様々な意見が出て、、「ぼく」とは「てんとうむし」であるということになった。

発問2:

「ぼく」とは、「かわさきひろし」ではないのですか。

とも聞いてみる。
 「かわさきひろしは書いた人だ」
 「これは、かわさきひろしがてんとうむしの気持ちになって書いたものだ」
という意見が出てくる。

 作品を書いた人のことを「作者」ということを教える。
 そして、「これはまだ覚えなくてもいいのです。高学年で覚えることですから。」と言って、作品の中でお話する人を「話者」ということを教えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド