TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/23 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1990669 更新:2013年11月30日

「はたらくじどう車」「くわしくすることば」(第4時)


第4時 「バス」 10月30日(金)

 この日は、指導主事訪問を兼ねた校内研究授業。
 
 漢字スキル9番右ページ。
 暗唱。
 ことわざフラッシュカード。
 
 「はたらくじどう車」は、音読から。
 たけのこ読みを1回。
 
 大段落2(②~④段落)を一斉読み。

説明1:

今日は、バスについてお勉強します。

 ノートに、「バス」と書き、赤鉛筆の四角で囲ませる。
(この日は、「ALLスマートボード」で授業をした。提案の一つが、普通の授業での電子黒板の活用である)

発問1:

昨日のおさらいです。消しゴムの使い道は何ですか?

 はさみの使い道も聞く。

発問2:

じゃあ、バスの使い道は何ですか?
これが、今読んだところのどこかに書いてある。探してごらんなさい。

 見つけた子に、何段落に書いてあったかを聞く。そして、2段落を読ませる。
 ノートに「つかいみち」と書かせ、「→おおぜいのおきゃくをのせてはこぶ」と書かせる。
 これが、バスの使い道だ。

発問3:

この中に、「大ぜい」ってあるでしょ。「大ぜい」って何人くらい?

 子どもたちに聞き、何人というイメージがつかめない子もいるので

  A.1号車全員(5人くらい)
  B.1年1組全員(25人くらい)
  C.1年生全員(50人くらい)
  D.緑丘小学校全員(300人くらい)

と示し、

発問4:

バスの大勢というのはどれですか?

と聞いた。見学学習に乗った時のことなどを思い出させ、考えさせた。

発問5:

バスの中には、先生の車やみんなの家の車にはないものがあったり、ついていたりします。
教科書に、それが3個書いてあります。
ノートに書きなさい。

 たくさんのざせき、つりかわ、手すりである。
 「ざせき」という意見が出たので、「たくさんのざせき」と「ざせき」のどちらがいいか聞き、意見を言わせた。

 その後、路線バスに乗ったことがない子がほとんどなので、「つり革」や「手すり」について映像を見せながら「たくさんの座席があるのですから、つり革がなくてもいいのではないのですか?」「つり革があるから手すりはなくてもいいのではないですか?」「手すりはどんな人がつかまるのですか」など確認をしていった。

説明2:

こういうように、大勢のお客を乗せて運ぶというバスの使い道のために、
バスにあったり、ついていたりするものを「つくり」と言います。

言わせて、ノートに書かせる。

発問6:

こういう使い道だからこういうつくりをしているということをつなげる、大事な言葉があります。
4文字。教科書から見つけたら、そこに指を置きなさい。

 「ですから」である。教科書の「ですから」に線をひかせる。

 4段落を読ませる。
 「きまったじこく」という言葉を、バスの時刻表を見せながら説明する。
 「きまったみち」という言葉を、バスの路線図を見せながら説明する。

発問7:

先生の家の車も、みんなの家の車も、決まった時刻に決まった道を走りません。
どうしてですか?近くの人と相談しなさい。

 行きたい所に行くから決まっていない、泊りに行ったりお仕事に行ったりするから、バスはバス停とかあって決まっているけど普通の車はお店とか毎日行かないから、車はいつどこにどういう用事で行くか決まっていないからというような意見が出る。
 バスは「大ぜいのおきゃくをのせてはこぶ」から違うということを確認する。

説明3:

こういうつかいみちのために、こういうしごとをするというのを「はたらき」と言います。

 ノートに「はたらき→きまったじこくにきまったみちをはしる」と書かせる。
 
 最後に、大段落3の視写をして終了。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド