TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/17 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9063687 更新:2013年11月30日

英語発問100("HAPPY CHIRSTMAS (War Is Over)")


*この発問100は椿原氏の

『向山型分析批評発問づくり10の原則』

にもとづいています。ぜひ、そちらも御覧下さい。

(その他)

(1) この歌の作者は誰ですか。(John Lennon & Yoko Ono)

(2) 二人はどういう関係ですか。(夫婦)

(3) この歌の話者は誰ですか。(John Lennon)

(4) なぜ話者は一人だとわかりますか。(I hope とIが用いられているから)

(5) John Lennonについて何か知っていますか。(元ビートルズ、殺されたなど)

(6) John Lennonはどこの国の人ですか。(イギリス)

(7) Yoko Onoはどこの国の人ですか。(日本)

(8) この歌のタイトルは何ですか。(HAPPY XMAS (War Is Over))

(9) 'Xmas'を別の書き方で書くとどうなりますか。(Christmas)

(10) 'Xmas'はいつですか。(12月25日)

(11) 'Xmas'でイメージするものをあげなさい。(ケーキ、ツリー、サンタさん、プレゼントなど)

(12) イギリスでは'Xmas'をどうやって過ごすか知っていますか。(家族と過ごす、教会に行く、プレゼント交換をするなど)

(13) 'Xmas'とは本来何をお祝する日ですか。(イエスキリストの生誕)

(14) イエスキリストとはどんな人だったか知っていますか。(キリスト教の創始者、神の子、愛を説いたなど)

(15) 'A very Merry Xmas and a happy New Year'(L10-11)とはどんなときに使う言葉ですか。(クリスマスや新年を祝うとき)

(16) クリスマスと新年の挨拶をどうして一緒にするのですか。(イギリスではクリスマスから新年までがクリスマス休暇としてとってあるなど)

(17) 'And what have you done'(L4)と現在完了形が用いられているのはなぜですか。(これまでにしてきたことを振り返る効果がある。)

(18) 'I hope'を使って自分の願いを3つ以上書きましょう。(I hope so. I hope that you can come with me. I hope the Hawks will be a champion again.)

(19) 'Another year over'(L5)の'another year'とはどの年のことですか。(過ぎつつある今年のこと。)

(20) 'And a new one just begun'(L6)の'one'を本文中の別の単語で書き換えるとどうなりますか。(year)

(21) 'The near and the dear one'(L9)の'one'は何を指しますか。(man, person)

(22) 'Let's hope it's a good one'(L13)の'one'は何を指しますか。(year, Xmas)

(23) 'For rich and the poor ones'(L17)の'ones'は何を指しますか。(people)

(24) 'For yellow and red ones'(L21)の'ones'は何を指しますか。(people)

(25) 'one'と'ones'の違いは何でしょう。(単数と複数)

(26) 'near'の反対語は何でしょう。(far)

(27) 'Hare Rama'(L39)の意味を推測して答えてください。(神を賛美せよ。)

(原則3)

(28) 'So this is Xmas'(L3) のso の使い方は次のどれと同じですか。(e)

(29) (a) I think so. (b) This question is so difficult. (c) I was sick, so I couldn't go there.

(d) "Yumi can play the piano." "So can I!" (e) So here we are again.

(30) 'The world is so wrong'(L18)のsoの使い方は上の(a)-(e)のどれと同じですか。 (b)

(31) 'And so happy Xmas'(L19)のsoは上の(a)-(e)のどれと同じですか。(c)

(32) 'And what have you done'(L4)と同じ用法の文は次のどれでしょう。

(a) I have never been to Hokkaido. (b) I've done it! (c) I have been in Kumamoto since I was born.

(d) Have you finished your homework yet?

(33) 'For weak and for strong For rich and the poor ones'(L16-17)と'For black and for white For

yellow and red ones'(L20-21)のforの使い方と同じものを次の中から選びましょう。(a)

(34) This is for you. (b) I leave for school at seven. (c) Thank you for inviting me.

(d) What's it for? (e) She was waiting for a bus.

(原則4)

(35) 'so'を使った文をできるだけたくさん書いてください。

(36) 上で作った文を、'so'の種類毎に分類しましょう。

(37) 現在完了形を用いた文をできるだけたくさん書いてみましょう。

(38) 上で作った文を、現在完了形の用法に従い分類してみましょう。

(39) 'for'を使った文をできるだけたくさん書いてください。

(40) 上で出た文を'for'の種類毎に分類してみましょう。

(原則5)

(41) 話者はどんな人たちのことを取り上げていますか。(Kyoko, Julian, the near and the dear one, the old and the young, for weak and for strong, for rich and the poor ones, for black and for white, for yellow and red ones)

(42) 'So this is Xmas'の'Xmas'とはどんな'Xmas'ですか。(愛する家族の幸せを願いともにすごすもの。)

(43) 話者は願いとして何をあげていますか。('I hope you have fun.' 'We hope you have fun.' みんなが楽しく過ごすこと。'Let's hope it's a good one without any fear「恐れがなく楽しく過ごせること」)

(44) 話者はworld(世界)がどうであると言っていますか。('World is so wrong.'「とても間違っている。」)

(45) 'The world is so wrong"とはどんな状態ですか。(戦争、人種差別、暴力、貧困、老齢、など)

(46) 話者は何をするよう呼び掛けていますか。('Let's stop all the fight'「戦いをやめること。」)

(47) 戦いの原因は何ですか。(貧富の差、人種差別など)

(48) 'Without any fear'(L14)の'fear'とはどんな「恐れ」ですか。(老齢、人間関係のもめごとなど)

(49) 'Without any fear'(L26)の'fear'とはどんな「恐れ」ですか。(暴力、貧困、人種差別、戦争など)

(50) 'Without any fear'(L38)の'fear'とはどんな「恐れ」ですか。(ありとあらゆる恐れ)

(原則6)

(51) What season is it? (It is Xmas)

(52) What is the relation of the speakers, Kyoko, and Julian? (The speaker is Kyoko and Julian's parents.)

(53) Who are with the speaker on the Xmas day? (Kyoko and Julian are.)

(54) Where are they? (They are home.)

(55) L1-2で話者の視点はどこにありますか。(家の中で子供のKyokoとJulianを見ている。)

(56) L3-14で話者の視点はどこにありますか。(近所の人や知り合いなど自分の周囲の人たちを見ている。)

(57) L15-26で話者の視点はどこにありますか。(世界中の苦しんでいる人たちを見ている。)

(58) L27-38で話者の視点はどこにありますか。(仲間とともにみんなを見ている。)

(59) L39-40で話者の視点はどこにありますか。(みんなと神への賛美を歌っている。)

(60) L41で話者の視点はどこにありますか。(みんなとクリスマスを祝っている。)

(61) この歌詞の中で対比してあるものは何ですか。(So this is XmasとそうでないXmas、youとwe、nearとdear、oldとyoung、happyとfear、weakとstrong、richとpoor、blackとwhiteとyellowとred)

(原則7)

(62) 'So this is Xmas'以外に'Xmas'があるのですか。(ある)

(63) それはどんな'Xmas'ですか。(戦争や争いの中で過ごすXmas)

(64) nearとdearはどんな対比になっていますか。(ともに自分の周囲の人)

(65) 'near'であらわされているのはどんな人たちですか。(近所の人や職場の人など)

(66) 'dear'であらわされているのはどんな人たちですか。(親しい人)

(67) oldとyoungはどんな対比になっていますか。(お年寄りと若者。世代間の違い。)

(68) happyとfearはどんな対比になっていますか。(Xmasは本来happyなものであるが、fearが世界中に存在している。)

(69) 'happy'はどんな状態ですか。(平和で幸福な状態)

(70) 'fear'とはどんな状態ですか。(戦争や差別や貧困などを恐れている状態)

(71) weakとstrongはどんな対比になっていますか。(社会的弱者と強者)

(72) weakにはどんな人たちが含まれますか。(お年寄り、身体障害者、失業中の人、子供、学歴のない人、女性など)

(73) strongにはどんな人が含まれますか。(経済的に恵まれている人、学歴の高い人、男性、大人、社会的地位の高い人など)

(74) richとpoorはどんな対比になっていますか。(貧富の差。国の違いや、同じ国でも経済的な差がある。)

(75) 'rich'にはどんな人が含まれますか。(社長、お金持ち、有名人、先進国の人々など)

(76) 'poor'にはどんな人が含まれますか。(失業者、低所得者、ホームレス、発展途上国の人々など)

(77) black, white, yellow, redはどんな対比になっていますか。(人種差別)

(78) 'And what have you done'(L4)と'And what have we done'(L28)はどう違うでしょうか。('we'の方は話者も含めている。ともに考えようという姿勢が出ている。)

(79) 'I hope you have fun'(L8)と'We hope you have fun'(L32)はどう違うでしょう。('we'の方は話者も含めている。仲間がいて、ともに願っているという様子があらわれている。)

(原則8)

(80) 'black'は何をあらわしていますか。(黒人)

(81) 'black'にはどんなイメージがありますか。(黒人差別、奴隷、スポーツ万能、リズム感がいいなど)

(82) 'white'は何を表していますか。(白人)

(83) 'white'にはどんなイメージがありますか。(清潔、きれいなど)

(84) 'yellow'は何をあらわしていますか。(黄色人種)

(85) 'yellow'のイメージは何ですか。(アジアなど)

(86) 'red'は何をあらましていますか。(肌が赤っぽい人?興奮して赤くなっている人?)

(87) 'red'のイメージは何ですか。(激しい)

(88) なぜ'red'がこの中に入っているのでしょう?(詩のリズム、どの人種の人もということの強調など。極端な話、宇宙人がもしいてもというくらいredがあることで幅が広がる。)

(89) この色の対比で話者は何を言いたいのですか。(人種差別はよくない。どんな肌の色の人もクリスマスの精神で幸せに助け合って暮らすべきだ。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド