TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/23 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3368821 更新:2012年12月13日

「ある者,小野道風の書ける」(徒然草)で証拠探し(高校1年・国語)


まずは一字読解で概要を理解させる。

発問1:

マル1。「ある者」が持っていた詩歌集は何ですか。漢字五文字で抜き出します。(和漢朗詠集)

発問2:

マル2。和漢朗詠集を,誰が清書したという言い伝えなのですか。四文字。(小野道風) 

発問3:

マル3。和漢朗詠集の,歌を撰んだのは誰ですか。五文字。(四条大納言)

発問4:

マル4。四条大納言、本名を何と言いますか。(藤原公任)

下欄の注釈に書いてある。主発問で正解するためには、注釈を読んでいることが前提となる。その布石でもある。

発問5:

マル5。この「和漢朗詠集」は本物ですか、偽物ですか。どちらか書きます。

とりあえずの予想で挙手をさせる。この段階では何となく、で「偽物」の方が多い。どちらが正解かは告げない。

指示1:

それを決める確かな証拠が2つ、教科書の中にあります。探したら線を引いて持っていらっしゃい。

本文の「時代や違ひ侍らん」などに線を引く生徒が多いが、それは「ある人」の視点から述べているに過ぎない。
そのような答えが少し続いたら「『確かな』証拠だよ。」とヒントを出す。
不正解を告げられるたびに生徒も「え~」と言いながらまた注意深く教科書を読み始める。
1人正解が出ると、大盛り上がりである。

小野道風と藤原公任の生きた時代(2つとも注釈にある)がポイントである。
藤原公任が歌を撰んで編集し成立した「和漢朗詠集」を、それをより前の時代に生きていた小野道風が清書することは不可能なのである。

5分ほど待ったところ、正解した生徒が30人クラスで10人を超えた。
正解した生徒に理由を説明させて終わる。

使用教科書 『新精選国語総合』(明治書院)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド