TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/05/22 現在)

21496
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4777417 更新:2013年11月30日

「かきたいことを一つえらんで」「文をつくりましょう」(第4時)


第4時 「文をつくりましょう」1 2月24日(水)

 生活科で「1年間を振り返る」学習をした際、「1年間で成長したこと」という作文を書かせたので、「かきたいことを一つえらんで」で作文を書くのは省略。
 
 漢字スキル11番左ページ。
 四字熟語フラッシュカード。
 
 教科書は「文をつくりましょう」に入る。
 教科書の挿絵を見させ、

発問1:

「~が~している。」という簡単な文をつくります。
隣同士交代で2つずつ合わせて4つ言えたら座りなさい。

という。
 言った文を発表させ、それを復唱させる。
 
 それを板書していく。

  おばあさんが          よんでいます。
  女の子が            うたっています。
  ねこが              ねています。
  男の子が            ないています。
  とりが               とんでいます。
  男の人が             かいています。
  さかなが              およいでいます。
  女の子が             あらっています。
  ちょうちょが           とんでいます。
  ボールが             ころがっています。
  男の子と女の子が       たべています。

というように、主語と述語の間を大きくあけて書く。
 そして、そのあいているところに□を書きこむ。

発問2:

□のところに文を詳しく言葉を入れます。(いくつか例示する)
「~が□~している」というようにできるだけたくさん文をつくりなさい。
 「1つ書けたら幼稚園・保育園の年少さんレベル」
 「2つ書けたら幼稚園・保育園の年中さんレベル」
 「3つ書けたら幼稚園・保育園の年長さんレベル」
 「4つ書けたら1年生。」
 「5つ書けたら2年生」
 「6つ・・・」

というように、どれだけ書けばいいかの基準を示す。
 これでがぜんやる気になったようだ。
 どんどんノートに書いていった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド