TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/18 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5440836 更新:2013年11月30日

「おおきなかぶ」(第7時)


第7時 ねずみが一番の力持ち? 8月21日(金)

 カタカタの練習「キ~ケ」
 ことわざフラッシュカード。
 暗唱。
 「おおきなかぶ」は音読から。

 人物が登場する順番を確認し、

発問1:

みんながおじいさんだったら、この順番に呼びますか?

と聞く。
 子どもたちもその通りだという。力がある順番、大きい順番になっているという意見が出る。

 そこで、「シーソー」(といっても模造紙を丸めたものだが)を登場させる。

__________2013-11-29_17.44.39

 このシーソーは、重さではなく、「力の強さ」で傾くことを確認し、大きな蕪とおじいさんを乗せた。
 どちらに傾くか、手を横に広げさせ、シーソーのように傾けさせた。
 当然、蕪の方に傾く。

発問2:

蕪は抜けませんでした。このことが、教科書には何と書いていますか?

と聞く。(「やっぱりかぶはぬけません。」)
 次に、おばあさんも乗せてみる。
 同じように、手で表せさせ、教科書に何と書いているかを確認していく。
 まご、いぬ、ねこも同じように進める。

 そして、「ねずみ」の登場だ。
 ねずみを乗せると傾きが変わる。
 これが「やっとかぶはぬけました。」なのだと確認した。
 手動のシーソーにもかかわらず、「わ~!」と子どもたちから歓声が上がる。
 でも、ここからが本題なのだ。

発問3:

ねずみを乗せたらシーソーが動いたんだから、ねずみが一番力持ちなんだよね?

と聞くと、半数近くの子が「そうだ!」と言う。
 それに対して、「違う!おかしいよ!」と言う子も現れる。どちらなのか、討論のスタートだ。

 最初は、ねずみ派が7名、違う派が14名でスタート。
 ねずみ派は、ねずみのおかげで蕪が抜けたからねずみが一番力持ちだ、トムとジェリーではねずみが力持ちだなどの根拠を述べる。
 違う派は、ねずみだけではなくみんなが力を合わせたから抜けた、小さいねずみが一番力持ちなのはおかしいなどの根拠を述べる。
 討論は白熱していく。近くの子どうして色々と相談も始まる。
 私も

発問4:

みんなで力を合わせたから抜けたということだと、
このお話は『みんなで力を合わせたらどんなに大変なことだってできる』というお話になります。
ねずみが一番力持ちということだと、
このお話は『誰にもできない大変なことでも、ヒーローが現れればやってくれる』というお話になります。
この、おおきなかぶのお話は、どちらのお話なんでしょうね。

と投げかける。(難しいが、「主題」というものを提示してみたのだ)
 最終的には、ねずみ派が3人、違う派が19人となった。
 他の人の意見を聞いて自分の考えを変えられるのも素晴らしいし、信念を貫いて自分の意見を変えないのも大好きだ。
 どれが正解なのかということは、さほど重要ではない。文章に書いてあることを根拠に自分の考えを持ち、発表をしたり聞いたりしながら自分の考えを深めていくことが重要なのだ。
 楽しい授業となった。

(向山洋一氏の実践の修正追試である。原実践では、てんびんを使用している。てんびんを用意できなかった…)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド