TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/26 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2170078 更新:2012年11月06日

「足太いね」の授業


「足太いね」の授業

-得居不二三氏実践『「足太いね」でプラス思考』修正追試-

「なるほど!」クラス全員が納得!!具体的な場面から、コミュニケーションのコツを学ぶ。高山氏修正追試。元実践得居不二三氏

説明1:

説明1  先生は,先日,電車に乗りました。そうしたら3人の女子高校生が乗り込んで来て,それはもう楽しそうにお喋りをしていました。その中の一人が,別の子に向かって,突然こう言ったのです。 

私は,黒板にゆっくりと次のように書いた。 
『足太いね!』      
生徒達は吹き出している。

発問1:

ここで問題です。さて,自分がこう言われたら,何と応えますか?

指示1:

ノートにずばり書きなさい。

生徒達は、一瞬唖然としていたがすぐに自分の対応を書いてもってくる。
すべてに○をし、○をもらった生徒から黒板に板書させていく。「同じような意見がなかったら書くよう指示する」
(A,B,Cの分類は説明2で行う)
A よけいなお世話!
A 何だよいきなり!
A あんたも負けてないわよ。
B 別にいいじゃん。
B そんなに太くないよ。
C そうなんだよ。細くする方法ある?

指示2:

黒板に書いてあるのを読んで,気がついたこと,思ったこと,考えたことなんでもいいから,自分の考えをノートに書きなさい。

説明2:

Aは攻撃型。Bは,受け入れ型です。Cは受け入れ+対応型。※修正1

正解の女子高生の発言を板書する。
『うん,太くて可愛いでしょう。』
生徒たち,ドッと笑う。
①~③を板書する。

説明3:

説明3  この言い方には,いくつかの原則が隠されています。
①相手の言うことを受け入れている
②自分にとって,いいことと考えている
③明るくユーモアで返しているーということです。
かっこよく言うと『プラス思考』です。 

元実践では、「ちびだね」「のっぽだね」を応用編として練習している。
今回は授業時間の関係で省略したが、是非取り入れた方がよい。
それが、コミュニケーションスキルを高めることにつながる。
以前、「脳内革命」でプラス思考の授業を行った。その授業が生かされ、生徒達の意見も前向きであった。
※修正1は、元実践では、7種類に分類していたが、明確な分類の視点がもちにくく、雑多になるので3種類に絞った。
生徒の感想
・自分も一生のうちで、こういうことがあったら、3つの原則をもって話そうと思った。そうすれば友達の仲が深まると思った。
・今日の授業で、何かを言われて受け入れているだけではだめなんだなあと思った。そういうことがあったら「原則」を参考にしたい。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド