TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4729332 更新:2013年11月30日

「きつつき」(第6時)


第6時 順序を表す言葉に着目する 12月8日(木)

 漢字スキル17番右ページ。暗唱。
 
 「(二)コイルばねをとりつける」のところを、立って1回、座って1回読む。

発問1:

コイルばねをとりつけるためにすることはいくつありますか。

 前日と同じように、順序を表す言葉に線を引かせる。
 「まず」「つぎに」である。
 それぞれすることを確認する。

 「さあ」も順序を表す言葉だという子がいたので、この部分は取り付け方ではなく、チェック方法であることを確認する。
 
 「(三)きつつきをとりつける」の部分も同様にすすめていく。

 読んだ後、

発問2:

きつつきをとりつけるためにすることはいくつありますか。

 こちらも順序を表す言葉に着目させながら進める。
 「まず」「つぎに」「そして」だ。

 「これで」を入れるかどうかで意見が分かれる。

発問3:

「これで」の「これ」というのは何段落のことをいっているのですか。

 12段落、13段落、12段落と13段落という意見が出る。
 それぞれ相談する。
 「これ」にそれぞれの段落を当てはめて考えさせると、12段落と13段落ということになる。

 本当にこれでいいのか念を押し、手順を一つずつ言ってみると、違うと意見が出る。
 12段落と13段落では足りないというのだ。

 もう一度考えさせると、7段落から13段落までという意見が出てきた。

 更に念を押す。
 7段落からの手順を絵に書いていき、「ばねはどこから来たのか」と尋ねるとまだ足りないという。

 そうすると4段落から13段落ということになる。(3段落からと考えることもできる)

 「これで~」はそれまでのまとめの段落なのだ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド