TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/19 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6704261 更新:2013年11月30日

中学1年英語の最初の3時間(1時間目・テンポがいい)


活動例2:教室にある物を使って活動

あいさつが終わったら、すぐ活動に入る。

T: OK, repeat after me. (意味がわからなくてもどんどん使う。)

'Blackboard.' (黒板を指差しながら。)

習っていない表現や単語も初めからどんどん使う。文法やつづりを気にしなければ、たくさんの表現がすぐに使える。ジェスチャーやちょっとした説明ですぐに意味が伝わる。

まずは身近なもの(教室内にあるもの)からどんどん2回ずつリピートさせる。

T: What's this? (黒板を指差しながら、さりげなく質問を入れる。)

Ss: Blackboard. (先生のジェスチャーで何を聞かれているかを推測して答える。)

説明はいらない。ほとんどがテンポとジェスチャー、そして場面でわかる。いちいち説明していたら、テンポが悪くなるし、「説明されないとできない」ようになってしまう。「推測させる」ことが大切である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド