TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/18 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5729618 更新:2012年12月12日

入学式当日の式場での挨拶及び教室での話(短時間編)


<体育館式場で、1年生への担任としての挨拶>

呼名されて元気よく返事して、学級の子供たちの前に立ち、一礼する。

説明1:

板倉弘幸です。(クマの顔のぺーぷさーとを見せて)
これは何ですか。クマさんです。
(そのまま、裏にして白地を見せて)シロクマさんです。
(白地のまま、ひっくり返して)星のカービイに似ています。(または、「空飛ぶ円盤です。」)
小学校のお勉強は、このように一つの問題からたくさんの考えを見つけます。
みなさんと、これからしっかりお勉強をしていきましょう。

挨拶の時間が30秒ほどしかない時に行った。
小学校は多面的に考える学習がひとつのポイントであると考え、
このような展開を工夫した。
1年の三人の担任にマスコットキャラクターを作った。私がクマ、二人の若い女性担任はアヒルとイルカ、と決めた。
下敷き大の顔を描き、切り取ったものを使用した。

<教室に戻ってから>

子供たちを トイレに行かせてから、着席させる。

説明2:

学校は勉強と友達作りをするところです。
では、お勉強です。

発問1:

宇宙で一番大切なものは何でしょう。

1 おかね  2 たべもの  3 いのち

説明3:

答えは、いのちです。だから、人のことを意地悪したり、いけないことをしたら、先生は許しません。

次に、お友達の名前を覚えます。全員、立ちなさい。隣の人の名前を言えるようになったら腰かけなさい。

発問2:

では、先生の名前は何と言いますか。

説明4:

(板書する)「いたくら ひろゆき」板倉先生です。
(く→ず)「いたずら」ではありません。(笑い)

板書した「いたくら」の「く」の字を「ず」にわざと直してから、「いたずらではありません」と言うと、
子供たちの緊張した表情は一変して柔和になった。

説明5:

先生はみなさんの味方です。困ったことがあったら何でも聞いてください。
手を挙げてくれると先生もすぐにわかります。

説明6:

最後に皆さんの頑張りをテストします。
これから皆さんの名前を呼びます。

指示1:

呼ばれた人は元気よく返事をしてください。
そして、、先生としっかり握手をしてください。

机上の名札を読み上げながら、次々に握手していく。
握手しながら、端的に一言言っていく。保護者や子供も担任に期待感をもってくれる。
「すごい」「元気がいいね。」「もう一回」「ちからがあるね。」などなど。

<保護者に向けてのあいさつ>

説明7:

保護者の皆様、大切なお子様を確かにお預かりいたしました。
健康と安全を第一に、勉強、運動、友達づくりに励む子を育てていくよう、担任三人で力を合わせていきます。
ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
(以下、事務連絡をする)

板書事項
左側に、1いのち、2ともだち、3せんせい。中央に学校名、1年1組、いたくらひろゆき、と書いた紙を掲示する。
右側に、「これからすること」 1しゃしん、 2おはなし、 3おうちのひとへのはなし、4さようなら
右側の板書事項は、子供たちや特別支援の子への配慮として示した。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド