TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/26 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2111018 更新:2013年11月27日

このゲームで盛り上がる「What color is it ?」


授業の流れと使用した教材

1 授業の流れを次のようにした。

  (1)英語の歌「HELLO SONG」
  (2)英語で色の名前のWH‐Question・1
   「What color is it?」「It is red.」
  (3)色のカードゲーム(カルタ形式)
  (4)英語で色の名前のWH‐Question・2
   「What color do you like?」「I like red.」
  (5)じゃんけんカードゲーム

2 使用した教材は次の通りである。

  ○旺文社発行「HELLO FRIENDS」の本とCD
  ○色カード9色(教師用、児童用全員分)

実際の授業

1 英語の歌「Hello Song」

 「Hello Song」を歌う。
 かなり歌いこんできたので、大きな声が出ている。

2 英語で色の名前のWH‐Question・1

(1)最初、私の後につけて発音させる。
 「Repeat after me.」
 red,green,blue,black,…と9色(赤、緑、青、黒、黄色、茶色、
ピンク、オレンジ、グレイ)ゆっくり発音していく。
 2回目は少しスピードアップする。
 3回目は子どもだけで言うようにする。スピードを落とす。
 徐々にスピードアップしていく。カードの順序も変えていく。

(2)It isを導入する。
  It isの意味を説明する。
 「It is red.」と言うと、「赤です。」という文章になります。
 「Repeat after me.」私の後につけて発音させる。
 It is red. It is green. It is blue.
 これもだんだんスピードアップしていく。

(3)教師が聞いて子どもが答える。
  教師「What color is it?」  子ども「It is red.」
  教師「What color is it?」  子ども「It is green.」
  教師「What color is it?」  子ども「It is blue.」
 と続けていく。
  カードのめくり方をどんどん速くしていく。

(4)次は、子どもが聞いて教師が答える。
 「What color is it?」をいきなり言うのは難しいので、1語ずつ発音する。
 少しずつスピードアップしていく。3回連続で言う。
 言えるようになったら、子どもが聞いて教師が答えるようにする。
 子ども「What color is it?」  教師「It is red.」
 子ども「What color is it?」  教師「It is blue.」

 質問が難しいのである。なかなか声が出ない。
 繰り返しでかなり声が出てくるようになってきたが、ちょっと壁を感じた。
 その後、カルタ形式でカードゲームをした。
 これは、うちのクラスは大好きである。盛り上がり最高だった。

3 英語で色の名前のWH‐Question・2

   「What color do you like?」「I like ~.」

 WH‐Question・1と同じように指導をしようと考えていたが、時間が足らなくなったので、答えの部分「I like ~.」だけをした。

4 色を使ったアクティヴィティ「じゃんけんカードゲーム」

 「じゃんけんカードゲーム」のやり方を説明する。
(1)全員9色のカードを持つ。
(2)相手を決めて、(質問は練習していないので)「何色が好き?」と日本語で聞く。
(3)自分の好きな色を答える。例「I like red.」と答える。
(4)じゃんけんをして勝ったら、その色のカードをもらえる。
(5)同じ色のカードを3枚集めたら、「フィニッシュ」で席につく。
 座った順に、ナンバー1、ナンバー2、・・・と言っていった。
 これまた盛り上がった。
 ナンバー1になった子は、普段の学習では活躍することが少ない子でした。とても喜ん
でいた。

 英語の学習というよりもゲームやアクティヴィティでの盛り上がりが大きいのが現状で
ある。 それが私の授業の課題だ。
 楽しいとは言ってくれるので、発音やリズムをもっとよくして取り組んでいきたい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド