TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1529164 更新:2013年11月28日

道 「金平糖作り」で日本人の気概を教える


 京都・奈良への修学旅行前にお薦めの授業。京都左京区にある緑壽庵「清水」は江戸時代から伝わる「金平糖作り」の老舗である。伝統を守り続ける日本唯一の金平糖専門店である。修学旅行でちょっとのぞいてみたい。

発問1:

これは何ですか。(金平糖を見せる)

説明1:

先日、修学旅行の下見に行ってきました。2日目の予定に入っている金平糖作りの専門店も見てきました。
緑壽庵「清水」と言います。「緑」には草、葉の色、木の芽という意味があります。若い女性の黒髪を表すことも
あります。
「壽」というのは、命が長いことを表します。
「庵」はお坊さんが住む、小さな家、茶人の住居の屋号として使います。

指示1:

これから金平糖のクイズを出します。一行おきに123・・と10まで書きなさい。

 以下、解答はノートに書かせ、三択の時はノートに書かせたあと挙手もさせた。

発問2:

一番です。金平糖は、どこの国のお菓子ですか。3択です。
         ①フランス  ②ポルトガル  ③ 日本  

説明2:

答えは2番ポルトガルです。戦国時代にポルトガルの宣教師が日本の持ってきました。

発問3:

2番です。金平糖はイラ粉と呼ばれる、もち米の米に砂糖をつけて、作るのですが、元のもち米の粉の大きさは
      何ミリでしょう。3択です。
         ①0.5ミリ  ②1ミリ  ③1.5ミリ 

説明3:

答えは1番 0.5ミリです。

発問4:

金平糖はこの大きさ(実物を手に持って)になるまで、いったい何日かかるのでしょうか。3択です。
         ①約20日   ②約40日  ③約60日 

説明4:

答えは、一番約20です。金平糖は大きなフライパンのような鍋の上に、もち米の粉を入れ熱します。そこに
砂糖の液をふりかけて転がしていくのです。何回も何回もこの作業を繰り返します。そうすると不思議なことに
イガイガがでてくるのです。ここまで大きくするのに20日かかります。

発問5:

4番です。金平糖とは漢字でどのように書くのですか。ノートに書きなさい。

説明5:

正解はこうです。と言って「金平糖」と板書する。

発問6:

第5問。この金平糖と言う字には何か意味があると思いますか。ある、ない、どちらかノートに書きます。

説明6:

答えは、ないです。金平糖と言うこの漢字は当て字だそうです。

発問7:

金平糖と言うお菓子は、日本ではいつごろから作られたのでしょうか。3択です。
         ①戦国時代  ②江戸時代  ③明治時代 

発問8:

第6問。金平糖と言うお菓子は、どのくらいもつと思いますか。ノートに書きなさい。

説明7:

お店の方のお話では、30年は持つと言っていました。ただし、ふたのついた入れ物に入れてです。
お店のおかみさんがお店にお嫁に来たときに作った金平糖が飾ってありあました。

発問9:

最後の問題です。金平糖を作るとき一番大事なものは何だと思いますか。これは難しいのでヒントを出します。
ヒントは、みんなも見学に行ったとき、注意しなくてはいけません。漢字で書けば一字です。
正解した人には、ぶどう味の金平糖をプレゼントします。

 生徒からは、愛、情熱、味、声などが出された。

説明8:

正解は音です。金平糖は、大きな鍋の中で転がり落ちて出来ます。この金平糖が鍋を転がり落ちる音を職人が
聞いて、どの粉に砂糖の液をかければよいのか判断するのです。見学のときの簡単は話しかけられせん。金平
糖が鍋を転がり落ちる音を聞き分けるにはかなり神経を使うのです。難しい金平糖を作るほどその音の聞き分
けは難しいようです。

説明9:

ところで、この金平糖、みんなはどうやって食べるか知っていますか。先生は知りませんでした。
金平糖はなめるのだと思っていました。本当は噛んで食べるのですね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド