TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/19 現在)

21503
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1788672 更新:2013年11月27日

みんなのエネルギー(35時間)の実践(第24時)


 子どもたちは、体験レポートを、ノート2ページ以上にわたって、書いてきていた。全部を発表させると、それだけで、授業が終わってしまう。そのため、次の指示から始めた。

指示1:

電気なしの体験をしてみて、感想を一言でいってください。

 c:テレビを見れなかったのがつらかったです。
 c:やっぱりテレビがきつかったです。
 c:クーラーは何ともありませんでした。
 c:CDなんか、つい聞きそうになったけど、あっと思い出して、やめたりしました。
 c:とても不便だと感じました。

などの感想があった。

指示2:

どんなことをしていたか、発表してください。

 c:外で遊びました。
 c:サイクリングに行きました。
 c:本を読んでいました。
 c:勉強していました。
 c:ぼーっとしていました。

指示3:

家の人が協力してくれたことを、発表してください。

 c:夜、一緒に電灯をつけないで過ごしてくれました。ろうそくを使いました。
 c:テレビの音を小さくしていてくれました。私は別の部屋にいました。
 c:テレビを思わずつけようとしたら、教えてくれました。

指示4:

やってみてよかったことを、発表してください。

 c:勉強がはかどりました。
 c:いつもより早く寝ました。
 c:電気の大切さが分かりました。

このあと、私自身が、電気なしの生活をやってみて感じたことを話した。

 テレビをつけないと、家族とのだんらんが増えました。一緒の遊んだり、本を読んであげたり、お話をしたり、とても楽しく感じました。テレビがついていると、そういうのをそっちのけにしていることがあるのです。
 また、いろんな音が感じられました。外の鳥の声とか、車の音とか、冷蔵庫のブーンという音も、大きく感じました。
といった話をすると、「あっ、私もそう思った」「確かに」などと言う子どももいた。
 私自身にとっても、いい体験学習になった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド